レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

未来神話ジャーヴァス

Fc_2.gif
■分類:アクションRPG
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:タイトー
■発売:1987年
0934 未来神話ジャーヴァス 200910262237519 Fc_Robot_1.gif これをクリアした方、お便り下さい

タイトー製アクションRPGの問題作。このゲームをクリアするのは並大抵の事ではない。

迷作と呼ばれる昔のゲームに共通して言える事が2つあり、それは「足の遅さ」「マップの異様な広さ」である。
この相反する要素から生じる効果は、間違いなくプレイヤーにイライラ感を与えてくれるであろう。
また、本当にクリアできるのか?という素朴な疑問に対して、このゲームをしばらくプレイした後は比較的どうでもよくなり、その後は二度とやらなくなるという伝説のゲームである。

筆者も昔、ゲームのレンタル屋なる所から200円くらいで借りてきて一通りプレイしたが、一時間ほどで投げ出した記憶がある。
頑張って攻略しようと気合を入れても、劣悪なゲームシステムがプレイヤーの前に立ちはだかり、全編を通して流れる同じBGMが次第にプレイヤーの頭をトリップさせ、先の展開が見えないという悟りを開いた辺りで静かに電源を切るというプレイヤーが全国で続出したはずである。

説明書によると、ゲームのストーリーは未来の地球で、宇宙船から降り立った主人公が世界の支配者になるべく旅をするというもの。
世界には7人の暴君がおり、その全てを倒さなければならない。
7つもの大陸を訪れる必要があり、説明書を読む限りでは壮大なスケールを感じさせるが、現実には「この足の遅さで7人も倒すのかよ!!」という軽い絶望感を感じずにはいられない。
それでも我慢してプレイを継続する辛抱強いプレイヤーに対しては、更に鬼のようなシステムが襲いかかる。

何しろゲーム開始直後にいきなりフィールドに放り出され、この時点で何をしていいのかさっぱり分からない。
苦労して町に辿り着くも、ゲームの目的はおろか自分の現在地すらも分からないという恐ろしさ。
しかも居場所だけではなく、金の稼ぎ方や回復のやり方等の基本的な事すらも分からないという凶悪さもあって、マトモなお子様であれば確実について来れないであろうクオリティーである。
ヘタするとセーブのやり方も分からんぞ!

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050926084 始まった瞬間に挫折しかねない状態。先は長い

他にも、イマイチ不明なシステムと言えばレベルの概念が挙げられる。
敵を倒すと経験値が得られるのは周知の事実であるが、いくら頑張ってもレベルが上がらない。
どういう事かと調べてみると、どうやら町にあるギルドに寄らないと上がらないようである。
自動的に上がらないのね。
ちなみに、ギルドでは「けんじゅつし」「かくとうし」「まじゅつし」の3つある職業のどれかに就く事ができる。
いずれかの職業に就いていないとレベルは絶対に上がらないので注意。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050930332 0934 未来神話ジャーヴァス 200905050932442 ギルドは絶対に加入しよう

このゲームには「名声値」という非常に重要なパラメータがあり、これが上がると臣下を得られるようになる。
臣下を得るには、フィールドでたまに出現する茶色の人に重なって「なかま」コマンドを実行、名声値が高ければ仲間に加わってくれる。
どうやら、この臣下の数をどんどん増やさないとゲームが進行しないようである。
この事実に気付くまで、筆者は茶色の人間を敵だと思って殺しまくっていた。
この有様ではクリアできる訳ないのだが、フィールドにいるキャラは敵だと思うのが普通かと。
( ´Д`) ついでに言うと、町の人間も殺せる。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905051022317 この人は敵じゃないので注意!

それと細かい事であるが、かなり画面の端まで行かないとフィールドがスクロールしないので、いきなり敵が目の前に現れて当たってしまう事がしばしば。
体力と同時にプレイヤーのやる気も奪われていくので要注意。
遅い足で一所懸命歩いた先が行き止まりだった時は、リセットボタンを押す衝動を抑えるのに必死だった。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050927411 ここまで来て初めて行き止まりに気付く。そんな・・・

ギルドでは名声値を得る手段として、試合に参加して勝つという方法があるが、試合の参加料が50と有料である上に、出て来る対戦相手がめちゃ強い。しかも負けると名声値が下がる。
試合時はサイドビューに変わり、十字キーの上でジャンプができるのだが、しゃがんだりガードしたりというのはできないので、敵の飛び道具をかわす事が困難な上に、敵は主人公目掛けて突っ込んでくる。
触れると死ぬので全然勝てる気がしないという罠が待ち構えているので気を付けよう。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050954218 何度挑戦しても勝てない。本当に凹むぞ

あと最も心が折れそうになったのは、船小屋に入った時。
最初のブルガの町から船である島まで行けるのだが、完全に一方通行な上に、小屋に入った瞬間に有無を言わさず強制連行される。
元の町に戻ろうともう一度小屋に入っても、なぜか町から遠い海岸に送られる。
最初の頃は居場所が分からず、そのまま彷徨い歩いて死んだものだった。
頼むから普通に送り届けて下さい・・・。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050933268 0934 未来神話ジャーヴァス 200905050933410 誰も乗せてくれと言ってないのに・・・・

攻略するにはかなりキビしい本作だが、頼みの綱の説明書もあまり親切ではなく、金の稼ぎ方すら
「自分で考えて」という丸投げ状態。
このゲームの制作者がどういう性格だったのかを想像しながらプレイすると面白い・・・・かもしれない。

0934 未来神話ジャーヴァス 200905050946007 遠くに強そうな怪物発見。勝てそうな気がしない

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/05/05 (Tue) 】 アクションRPG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ