レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【ゆっくり更新中】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイナリィランド

Fc_2.gifWii.gif
【種 類】パズル
【ハード】ファミリーコンピュータ
【発売元】ハドソン
【発売日】1985年12月20日

0672 バイナリィランド 200910262251268 Fc_Robot_1.gif 頭の切り替えの早さが重要

ペンギンのカップルをゴールまで導くほのぼの系パズルゲーム。

プレイヤーはペンギンのグリンマロンどちらかを操作し、画面上部にあるハートまで2人同時に連れて行けばクリアという、なんとも心温まるゲーム。
操作方法が少し特殊で、2人は左右対称の動きをするのが特徴。
具体的に説明すると、グリンを右に動かすと、マロンは左に動くのである。
このシステムに上手く対応できないと、少々苦戦することになる。

0672 バイナリィランド 200904201103427 檻に入ったハートを2人で開放。プチ癒され

固定画面の面クリアタイプで、画面上にはクモやクモの巣が沢山。
ボタンで発射できるスプレーを使い、これらを撃退しながらゴールを目指す。
クモの巣にパートナーがハマると動けなくなるので、すぐに助けに行こう。
時々出るパネルはボーナス得点のほかに移動速度アップ等もあるので上手く活用しよう。

0672 バイナリィランド 200904201110158 クモの巣にハマると大ピンチ。パートナーのスプレーで救出できる

このゲームの最も難しいところは、2人同時にハートの両側に到着させることだ。
そのためには、パートナーを壁に引っ掛けたりして上手に縦横軸を調節するテクニックが不可欠。
時間制限があるのであまりのんびりできないのもキツイところである。
また、片方ばかりを意識するあまり、もう片方が敵に触れたりクモの巣にハマッたりすると悔しいので、常に両方のペンギンに注意を払いながら操作するという、頭の切り替えの早さが要求される。
慣れてくるとこれが中々楽しく、クセになりそうだ。

0672 バイナリィランド 200904201116589 0672 バイナリィランド 200904201104232 ボーナスステージもあり。迅速に回収しよう

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/04/20 (Mon) 】 パズル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。