レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪魔の招待状

Fc_2.gif
■分類:アドベンチャー
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:ケムコ
■発売:1989年
0019 悪魔の招待状 200910262346235 Fc_Robot_1.gif 主人公よ、何故そんなに明るいんだ・・・?

コマンド選択式アドベンチャー。謎の洋館から脱出しよう。

目が覚めると車の中にいた。
どうやら事故で気を失っていたようだ・・・・ハッ、助手席にいたお姉ちゃんがいない!
あそこの不気味な館に助けを求めに行ったのだろうか?・・・・といった具合でゲームは始まる。
主人公の言葉づかいからは幼い印象を受けるが、車を運転していた位だから恐らく成人なんだろう。

0019 悪魔の招待状 200901121302181 グラフィックは可もなく不可もなくという感じ。移動が少し面倒

謎に満ちた洋館内を探索し、行方不明の姉を探し出すのがゲームの目的。
不気味な舞台設定とは裏腹に、妙に明るい主人公の言動が不思議な違和感を醸し出している。
システムはコマンド選択型でオーソドックスだが、カーソル移動やメッセージスピードが遅く、場所移動、アイテム使用方法等が独特でクセがある為、少々イライラさせられる上に主人公のKYな言動が拍車をかける。
主人公の人物像がイマイチ分からないという変わったゲームだ。

0019 悪魔の招待状 200901121306180 序盤の強敵(笑)、ガイコツ女との攻防

他にも特徴として、やたらとアイテムが手に入ってしまう事が挙げられる。
大部分が使途不明で、中には持っているだけで死に至るというトンデモナイものまで。
やり込めば何とか理解出来るだろうが、正直そこまで頑張れなかった(笑)。
ヘタレました、ハイ。(´・ω・`)

0019 悪魔の招待状 200901121309032 0019 悪魔の招待状 200901121324397 0019 悪魔の招待状 200901121316354 館内の様子

作中で覚えられる白魔術の呪文も「オフロデブクブク」とか「イトマキマキマキ」等かなりの脱力系だ。
この辺りにも本作をマトモに攻略する気になれない要因があるのかもしれない。
(あくまで筆者の感想です・・・・)

あと、比較的よく死ぬのでコンティニューを繰り返す根気が必要。
残念ながらクリアには至っていないが、先の展開が気にはなるので時間を見つけてプレイしたいと思う。

0019 悪魔の招待状 200901121301064 0019 悪魔の招待状 200901121301290 主人公は弱いのですぐ死ぬ。でも明るいぞ

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/01/12 (Mon) 】 アドベンチャー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。