レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#4 ファミコン誕生!!

筆者の青春時代の象徴ともいえるファミコン。一つの時代を築いた怪物ハードだった。

CA350013.jpg Fc_Robot_1.gif 写真はニューファミコン。意外と知らない人が多い?


筆者が初めてファミコンをゲットしたのは、確か小学校低学年の頃だったと思う。
この頃(昭和後期)はまだ家庭用ゲームの黎明期といえる頃で、セガSG-1000やエポック社カセットビジョン等の他社によるハード戦争が繰り広げられていた時代だった。
現在で言うと「PS3vsXbox360vsWii」みたいな構図か。
思えばこの「三つ巴ハード戦争」という状態はこの頃から既に存在していたのだ。

ただ筆者は貧乏だったので、ゲームに興味はあったがハードを買えなかった。
当然、友人の家に遊びに行くわけだが、当時で覚えているのは、カセットビジョンを持っていた知り合いの家で「木こりの与作」を遊ばせてもらったことがあった。

もの凄くデカいドットが特徴でインパクトある映像が魅力のカセットビジョンだが、そこは好奇心旺盛なお子様。
豊かな想像力を駆使し、チープなグラフィックは脳内変換して、擬似リアル画面でプレイしていたものだ。
こういう経験って今では出来ないと思う。

紆余曲折を経て、我が家に登場することになったファミコン。
どうやってゲットしたかはイマイチ覚えてないが、確か兄が知り合いから格安で譲り受けたように思う。
それからは、少ない小遣いをコツコツ貯めて中古屋と行き来するという生活が始まるのだった。

正式には「ファミリーコンピュータ」というが、最初から「ファミコン」と略して呼んでいた。
誰が言い出したか定かでないが、特に意識せずそう呼んでた記憶がある。
この辺は不思議な感覚があるが、同じような感想を抱いた人は少なからずいたと思う。
別にどうでもいい事ではあるが。

どうでもいいと言えば、初期型ファミコンのコントローラのボタンは四角だったというのは有名な話かも。
ゴム製だったので、すぐに取れてしまったのが懐かしい思い出である。(後にプラスチック製の丸型になった)

数え切れないほどのゲームを稼動させてきた我が家のファミコンだったが、残念ながら母親が誤ってコップの水をかけてしまいお亡くなりになった。自分の中で一つの時代が終わった瞬間だったが、これまでファミコンから貰った思い出の数々は死ぬまで忘れないだろう。
そして自分を育ててくれたファミコンという存在に対し、心から敬意を表したい。

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/01/01 (Thu) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。