レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

検証10 「技の威力」(ダブルドラゴンII)

誰もやらないようなテーマに敢えて挑むのが信条・・・・・・検証シリーズ10回目。
今回は「ダブルドラゴンII」(FC)について調査してみたいと思います。
検証テーマはタイトルにありますように、「主人公の技の威力」を確認する事です。

0487 双截龍Ⅱ 201201051944277 Fc_Robot_1.gif 意外としんどかったです

このゲームは筆者のお気に入りタイトルの一つで、数え切れないほどクリアしたものです。

ダブルドラゴンを知らない諸兄の為に説明させて頂くと、ダブルドラゴンとは1987年にアーケード作品として
テクノスジャパンから発売された横スクロール格闘アクションゲームで、近年のベルトアクションゲームの礎と呼ばれる名作として評価が高い作品である。
初代のアーケード版以降もシリーズ化され、ファミコンほか多機種に移植されて今なお高い人気を誇る。

0487 双截龍Ⅱ 201201050028137 100回以上はクリアしたと思う

このファミコン版ダブルドラゴンIIも出るべくして出たゲームであるが、移植にあたりアーケード版とは違うアレンジがなされており、ほとんど別物と言える作品になっている。
ただ、ゲームそのものはファミコン向けに上手くアレンジされて良く出来ており、今やっても面白い。

ゲームは主人公ビリー・リーとジミー・リーの兄弟が双截拳(そうせつけん)という拳法を以って恋人マリアンの仇を討つという内容で、2人同時プレイ可能。次々と登場する悪漢達を拳法で倒しながら進み、各ステージのボス、そして最終ボスを倒せばクリアとなる。

0487 双截龍Ⅱ 201201060739106 オープニングのあらすじ

詳しいレビューは今後行うとして、今回の目的である「技の威力」とはなんぞやというところから説明したい。

このゲーム、パンチ・キック等の基本技に加え、掴みからの派生技や必殺技も使える等、多彩な技が楽しめるのが魅力の一つであるが、敵の体力は表示されず、技を当てても実際のところどれくらいのダメージを与えているのかが不明確なのである。
その為、技の種類は多いものの一体どの技が強いのか、パンチとキックは似ているがどちらが強いのかといった数々の疑問が昔から筆者の中で存在していた。

そこで、全ての技の威力を検証し、明確にするべく調査してみました。
方法は、2人同時プレイが出来る点と、プレイヤー同士で攻撃がヒットするモードがある点に注目し、
1発1発当てて威力を調べるというかなり地味な作業となります。

0487 双截龍Ⅱ 201201051944347 2PLAYのBモードが同士討ち可能

まずはじめに確認する事は、画面下に表示されている8メモリのブロック。
これは、ビリー及びジミーの体力を表しており、敵の攻撃を受けるとブロックが1つずつ減少していき、全てなくなった状態でダウンすると1機失う。
技の威力を検証するにあたり、まずは実験体となるプレイヤーの体力値を確認する。

0487 双截龍Ⅱ 201201042249325 少しずつ攻撃を加えて調べる

具体的には、まず片方のプレイヤーを操作してもう片方のプレイヤーを攻撃し、最弱の技であるキックを1発ずつ当てて、体力値の1ブロックが何発で消えるのかを調べる。
すると、キック8発で体力値ブロックを1つ失う事が判明。
よってプレイヤーの初期体力は、キック1発の威力を1と仮定した時、キック8発分×8ブロック=64となる。
ちなみになぜキックが最弱と分かるのかは、全ての技を当てて体力の減り具合を確認した結果によるものです。

次に、各種技をやはり片方のプレイヤーに当てて威力を確かめていく。
基本技となるパンチ・キック・アッパー・ジャンプキック・ヒザ、そして3つの必殺技を確認してまとめる。

掴みからの派生技については、なぜかプレイヤーキャラ同士で掴む事が出来ないので、これだけは敵キャラを利用して調査。1面の最初に登場するウィリアムスの体力値(難易度:難しい)を調べた結果、21である事を突き止め、これを元に調査します。
さらにおまけとして敵が持つ武器等のアイテムもついでに調べてみました。

本作で特殊なのは、プレイヤー(敵)は体力がゼロになっても、ダウンしない限りミスにはならない点。
これはつまり、パンチやキックを延々喰らい続けても倒れない限り死なないという事です。

よって、掴み技を検証する方法としては、ウィリアムスに目的の技(威力を調べたい技)を1発当てた後、投げで一旦掴み状態を解除。その後にキック数発+ダウンキックでウィリアムスがまだ生きているか、それとも死ぬかを確認。生きていればキックの数を1発増やして調査をやり直す事になります。
これがなかなか手間が掛かり、しかも他の敵の邪魔が入ったりするので結構大変でした。

0487 双截龍Ⅱ 201201042321254 掴み技は3発入れるのでトータルダメージは高い


※各技の威力は、キックを1とした時の比較値です。
※コマンドは全て右向き時のものです。


-基本技-

2 : パンチ(A)
1 : キック(B) ※うずくまり誘発技
3 : アッパー(うずくまり時にA) ※ダウン技
4 : ジャンプキック(ジャンプ中AかB) ※ダウン技
3 : ダウンキック(うずくまり時にB) ※ダウン技
2 : ヒザ(片ヒザをついた敵に接近してA) ※うずくまり誘発技


-掴みからの派生技- (3発でワンセット)

3+2+3 : ヒザ(掴み中A)
3+3+3 : ヒジ(掴み中arrow-1-down.png+A)
6 : 投げ(掴み中B) ※ダウン技
7 : アッパーキック(掴み中arrow-1-up.png+A) ※ダウン技


-必殺技-

8 : 龍尾嵐風脚(ジャンプ頂点間際でAかB) ※ダウン技
10 : 天殺龍神拳(片ヒザをついている時にA) ※ダウン技
15 : 爆魔龍神脚(片ヒザをついている時にarrow-1-left.pngarrow-1-right.png+A+B) ※ダウン技


-武器・敵の特殊攻撃等-

3 : ブルドーザーの排気ガス ※障害物
4 : ヘリコプターの機銃 ※敵専用
4 : 投げチェーン ※敵専用
5 : 投げナイフ
8 : 手榴弾
8 : 天井から上下するトゲ ※障害物
2 : 鉄の棒(殴り)
14 : 鉄の棒(投擲)
27 : 鉄の棒(敵に接近して投擲)
10 : モーニングスター
10 : ダイナマイトの火柱


以上が技と各種武器の威力となります。
もしかすると間違いがあるかもしれませんが、概ね目安になると思います。
さすがに細かい敵の攻撃までは調べられなかったので、その点はご了承ください。

0487 双截龍Ⅱ 201201050123176 0487 双截龍Ⅱ 201201050039513 せっかくなので障害物や特殊攻撃なんかも調べた


この中で最強の威力を誇る技はやはり必殺技で、特に爆魔龍神脚は威力・飛距離・爽快感と三拍子揃う素敵な技。
当てた時の効果音が気持ちよく、画面半分くらい豪快に吹っ飛ばすので谷や川に叩き落す時にも重宝する。

次に強いのは掴み技のヒザ(ヒジ)→ヒジ→アッパーキックのコンボ。合計攻撃力は13となかなかの威力。
小気味よく出るので爽快感もあり、アッパーキックと投げはダウンも奪える。谷底に落とす時にもどうぞ。

かたや武器・特殊攻撃部門で意外な威力を誇るのが鉄の棒。
敵の至近距離で鉄の棒を投げる(正確には殴りモーションと投げた棒をダブルで当てる感じ)と、27というとんでもない数値が出た。残念ながら鉄の棒を持つ敵グループを殲滅すると一緒に消えてしまうので、持ったまま行動は出来ないのだが、積極的に狙っていきたい。

0487 双截龍Ⅱ 201201051943474 0487 双截龍Ⅱ 201201050122341 ちなみに天井に頭をぶつけるのはノーダメージでした


今回もいい感じで自己満足を味わえる検証となりました。( ´∀`)
この結果が果たして役に立つのかどうかは抜きにして、やった事に意義を見出したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
【 2012/01/06 (Fri) 】 検証シリーズ | TB(0) | CM(2)
これよくやってました。
独特の攻撃SEと重さが心地よかったですね。
技ごとにそんな細かい威力があったとは知らなかった(笑)
ひたすら龍尾嵐風脚をやってた記憶しかない・・・。
【 2012/01/06 】 [ 編集 ]
>>>ペケペケさん
このゲームでは効果音が果たす役割が大きいと思います。
必殺技がヒットした時の爽快感は格別です。
自分は4面のジャングルにある川に敵を落とすのが好きでした。(´-`)
【 2012/01/06 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 241 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ