レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クルクルランド

Arcade_Astrocity.gifFc_2.gifFc_Disk3.gifWii.gif
■分類:アクション
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:任天堂
■発売:1984年
0231 クルクルランド(ROM) 201110082329211 Fc_Robot_1.gif 慣れるとクセになる操作感覚!

クルクル回りながら金塊を出していくアクションゲーム。独特のシステムで人気に。

不思議な生物グルッピーを操作し、隠されている金塊を全て出せば面クリアというゲーム。
ルールは単純だが操作方法が少し変わっており、慣れないとマトモに動かすのは難しい。
・・・というのも、グルッピーは困った事に直進しか出来ず、しかも止まらないのである。
どうやって方向転換するのか?・・・・・それは無数に点在するターンポストを利用する事だ。

十字キーを押した方向にグルッピーが手を出し、ポストに掴まってクルっと回って進路を変える訳である。
十字キーを押している間はクルクル回り続けるので、行きたい方を向いた時に手を放せば良い。
理屈では分かっていても実際やってみるとこれがなかなか難しく、モノにするには練習が必要。
当時のお子様レベルではキビしいものがあったこのシステム。熟練して自由自在に動き回れるようになれば「俺ってスゲー!」状態になり友達に自慢したくなったものである。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082331344 0231 クルクルランド(ROM) 201110082331436 クルっと回る。要練習

特定の場所を通過すると隠された金塊が出現するので、どんどん出して全て出現させよう。
このゲームは時間制限があり、ゼロになると1機死ぬので急がなければならない。

クルクルランド(ディスク版) 201110090019051 ボーナスフラッグを取ると1機増える。必ず回収せよ

数箇所あるブラックホールからは敵キャラのウニラが出現し、グルッピーの邪魔をする。
倒すにはAかBボタンで出せる衝撃波を当て、黄色になって弱ったウニラを壁まで押していって潰せばOK。
ただ、いちいち倒していると時間に余裕が無い為、あまり相手にせず衝撃波を連射しながら動きを止める程度に留め、金塊を出す事に専念した方が良い。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082330024 0231 クルクルランド(ROM) 201110082330091 0231 クルクルランド(ROM) 201110082330349 こんな感じで倒す

それよりも注意したいのはブラックホールの方で、ここに真っ直ぐ突っ込むと死んでしまう。
但し、ターンポストに掴まった状態であればブラックホールに触れても死なない。
ブラックホールの周囲に金塊がある場合は手を放すタイミングに注意しよう。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082331146 ブラックホールのすぐ側は危険!

もう一つ注意したいのは隠されているラバートラップの存在。
特定の場所を通過すると突然現れ、進行方向が急に逆になってしまう為、慌ててしまわないように。
ボーっとしてるとポストを掴み損ねて敵に触れたり、ブラックホールに突っ込んだりするので注意。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082333520 ラバートラップが出ると両側のターンポストは使えなくなる

各面の金塊の配置には規則性があり、何らかの図柄を表したものになっている。
例えば、潜水艦・ハート・メガネといった具合で、最初に出した数箇所の金塊の配置で大体何の図柄か判別出来るようになると攻略が楽になる。
時間制限がキビしいゲームなので、各面のスタート時に画面上部の残り金塊数を見て、図柄のパターンを絞り込めるようになるのが理想的。出来るだけ金塊の配置は覚えてしまおう。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082332418 0231 クルクルランド(ROM) 201110082336195 完璧に覚えるのが理想だが・・・・

そして、22面以降になるともっと難しくなり、一度出した金塊を2回通過すると裏返るようになってしまうというルールが追加される。全ての金塊を表の状態にしないとクリアにならないので、ますます金塊の配置を覚える重要性が増す。そういう意味ではパズルゲームに近いのかもしれない。

難易度は少し高めだが、2人同時プレイが可能なので友達と協力して攻略するのも良い。
ただその場合はお互いがぶつかって邪魔にならないように気をつける必要がある。
殺し合いにならないように。(笑)

このゲームはファミコン版とディスクシステム版があり、後者は難易度セレクト・ボーナスステージ等が追加されている。いまではディスクシステム版はレアだが、Wiiのバーチャルコンソールで配信されているのはこのバージョンなので興味がある人は遊んでみると吉でしょう。

0231 クルクルランド(ROM) 201110082337172 0231 クルクルランド(ROM) 201110082339179 クルクルランド(ディスク版) 201110090017060

関連記事
スポンサーサイト
【 2011/10/09 (Sun) 】 アクション | TB(0) | CM(2)
今晩は
このゲームは当時好きでよく友達と遊んでました。このころはこのゲームと
バルーンファイトで友達と大はしゃぎしてました(^^;
二人同時プレイはいろんな意味で楽しめますね~
【 2012/09/02 】 [ 編集 ]
>>nemurinekoさん江
こんばんは!
二人同時プレイは今も昔も燃えますね~(´∀`)
協力プレイもいいけど、やはり殺し合いが醍醐味でしょうか。(笑)
ゲーセンでさえ知らない人と協力プレイすると奇妙な連帯感が生まれるのを感じますね。
当時の任天堂には先見の明があったのでしょうか。
このゲームもバルーンファイトも、今だに楽しいですね。
【 2012/09/03 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。