レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ

Arcade_Astrocity.gifPs2_03.gif
■分類:対戦アクション
■機種:プレイステーション2
■制作:バンダイ (開発:カプコン)
■発売:2003年
amarecco0057_20110630233310.png Fc_Robot_1.gif まだだ!まだ終わらんよ!

全国のプレイヤーの期待通り、vs.シリーズのZガンダム版が登場。

vs.シリーズの1作目となる「連邦vs.ジオン」が大ヒットしたので、「今度はZガンダムでは?」と誰もが予想していた中、見事に期待通り登場したのが本作である。
最大4人まで同時プレイ可能な「2on2」スタイルはそのままに、一新したグラフィックとシステムでZの世界を堪能できる。
ネットワークも前作同様、KDDIのマルチマッチングBBに加入すれば通信対戦が可能。
※現在はサービス終了

amarecco0061_20110701015723.png amarecco0117.png amarecco0111.png

元々ゲーム全体の完成度が高かったが、今回は更に新要素として、モビルスーツ(以下MS)の変形と、ハイパーコンビネーションというパワーアップシステムが導入された。
アクションに定評があるカプコンが手懸けているだけあって操作性が抜群に良く、グラフィック・サウンド関係も相変わらず高レベルであり、安心して遊べる一品となっている。
恐らくバンダイの技術ではこうはいかなかっただろう。

amarecco0081.png amarecco0112.png 発動すると飛躍的に強くなる

一年戦争の数年後という舞台設定であるZガンダムの世界観を忠実に再現しており、原作のキャラクター、MSもバッチリ登場する。
アニメで使用されていた音楽の再現はもちろん、驚くべきは、声優のボイスが当時とあまり変わっておらず、原作の雰囲気を損なっていない。シャアの声はいつ聴いてもシブいです。

極めつけはオープニングで流れる主題歌もちゃんと再現されている点で、しかも原作初期の「Z・刻を越えて」と後半の「水の星へ愛をこめて」がダブル収録されており、聴いていると懐かしさのあまり目頭が熱くなる。
森口博子さんはやっぱり歌が上手いと個人的に思う。(´∀`)

amarecco0126.png amarecco0067.png amarecco0115.png

システムは前作とほぼ同じで、やり込んでいたプレイヤーは違和感なくプレイできるだろう。
操作方法も前述の変形が加わったくらいで、感覚的には前作同様。

目玉のハイパーコンビネーションは、僚機と一緒に発動する必要があるので、息を合わせてここぞというタイミングで使いたい。
効果時間中は防御力やスピードが大幅に上がり、スーパーアーマーも付くのでかなり有利。
僚機と協力して2対1で畳み掛けるような状況で使うと更に効果的だ。
※操作方法については動画参照





本作は家庭用オリジナル要素として、アーケード版には出ないMSがいくつか登場する。
また、原作通り可変MSもたくさん登場し、次世代の戦いを演出するのに一役買っている。
特にティターンズはMSが多く、プレイヤー人気が高い。
更に前作で登場した旧MSも全て使えるという大サービス振りだ。

amarecco0085.png amarecco0089.png amarecco0090.png amarecco0091.png

両軍に設定された戦力ゲージがある限り、死んでも再出撃が可能なコストシステムも健在。
MS毎に設定されたコストと性能をしっかり把握し、バランス良くチームを組む事が望まれる。
特に知らない人のプレイに乱入(協力)する場合は、その人が搭乗しているMSのコストに注目し、組み合わせの良いMSを選択する必要がある。

例えばZガンダムでやっている人に同じZガンダムで乱入したら、2回死んだだけで作戦失敗となり非常に気まずいので注意が必要である。


[MSコスト比較表]
青字:エゥーゴ赤字:ティターンズ(又はアクシズ)
※旧MSは省略

600・・・両軍戦力コスト(初期値)

375・・・Zガンダムジ・オキュベレイ
350・・・バウンド・ドック
325・・・サイコ・ガンダム
310・・・百式ガブスレイ
300・・・ハンブラビ
295・・・ガンダムMK-IIスーパーガンダムガンダムMK-II
275・・・メッサーラアッシマーギャプラン
250・・・リック・ディアス(黒・赤)ディジェ
225・・・マラサイ
200・・・ネモガルバルディβ
195・・・メタスハイザックハイザック・カスタム
170・・・GMIIGMII
150・・・Gディフェンサー


家庭用オリジナル要素としてはもう一つ、一人用のストーリーモードも搭載。
エゥーゴかティターンズのどちらかに所属する一兵士となり、原作のストーリーを追体験するというモードで、有名キャラクターとも戦える機会があるので、家でじっくりプレイしてみよう。
クリアするとプレイヤーの実力(戦闘力)が診断されるのも面白い。

amarecco0082.png amarecco0084.png ストーリー展開は基本的に原作と同じ

一通りプレイしてみて筆者なりに感じた事は、前作に比べるとビーム系の兵器が増え、一発必中の重要性がより高まっている。もちろん実弾系もあるのだが、前作のようにマシンガンやバズーカをばら撒く戦い方が好きだったプレイヤーには少々物足りないかもしれない。
そんな方にはハイザックをどうぞ。

戦い方としては、前作のように横ステップで敵弾を回避しながら隙を伺うのが基本だが、今回はハイパーコンビネーションを絡めた急襲や、変形を駆使した戦闘域離脱等の高度な戦術が可能。是非とも練習を重ねてモノにしたい。

amarecco0129.png amarecco0110.png 変形すると高速移動が可能

それとMSの挙動もリアルなのだが、次世代MSが多い為か、大半がホバー移動するMSとなっている。
個人的にはガシャンガシャン歩いていた前作の方が好きだったが、この辺は好みが別れるところだ。

ゲーム後半になると原作同様、エゥーゴ、ティターンズの戦いにアクシズも加わり、三つ巴の激戦に突入。
宙域エリアの難しさもあり後半の難易度は高く、終盤のカミーユ、シロッコ、ハマーンクラスを相手取るとそれこそニュータイプ並の実力が求められる。

しかし、プレイヤーは一人ではない。僚機がいる。
友達だろうが知らない人だろうが、一致団結して強敵を倒した時の達成感は最高で、2on2ゲームの醍醐味といえる。

amarecco0101.png amarecco0078.png amarecco0125.png

本作には原作で登場するMSは全て出ていないが、よりZの世界を楽しみたいなら、バージョンアップ版である「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX」をお勧めする。
使えるMSの種類が増え、ゲーセンの対戦ボルテージを更に上げた良作である。

原作アニメが放映されたのは20年以上も前でかなり古く、最近の若い人はもとより、リアルタイムで観ていた御仁でさえ記憶が薄れているのではないでしょうか。
ゲームで当時の宇宙世紀を追体験するのもいいが、今ならリメイク劇場版「Z三部作」もあるので、TSUTAYAで借りて復習するのもいいと思います。

gundam01.png gundam02.png 20年の刻を越えて大復活!

関連記事
スポンサーサイト
【 2011/07/02 (Sat) 】 対戦アクション | TB(0) | CM(2)
おハロー!
VSシリーズの3作目ですねw
アーケード版のデモ画面でZのOPがまんま再現されてたのは感動しましたw
【 2011/07/06 】 [ 編集 ]
>>アルパインスターさん
アニメのOPをそのままゲームでも再現してましたね。
新しいのに懐かしいという不思議な感じでした。(´∀`)
【 2011/07/07 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 241 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ