レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオンDX

Arcade_Astrocity.gifPs2_03.gifDC3.gif
■分類:対戦アクション
■機種:プレイステーション2
■制作:バンダイ(開発:カプコン)
■発売:2001年
amarecco0002_20110409222317.png Fc_Robot_1.gif さらに出来るようになったな!

ゲーセンを"一年戦争"の戦場に変えた、紛れも無い傑作アクションゲーム。

言わずと知れた超国民的人気アニメ「機動戦士ガンダム」を題材とした対戦型チームバトルアクションで、最大4人まで参加出来るのが特徴。プレイヤーは2人ずつ地球連邦軍ジオン公国軍に分かれ、好きなモビルスーツ(以下MS)に搭乗して戦う。

amarecco0040.png amarecco0014.png amarecco0003_20110409222316.png

普通の対戦型アクションゲームでは、乱入してきたプレイヤーは倒すべき敵でしかないが、本作は僚機(仲間)として一緒に戦うところが面白く、最大の売りである。
殺伐としがちなゲーセン事情に於いていわゆる「2on2」スタイルの協力プレイは「見知らぬ人と共闘する」という新鮮な刺激を与え、これがきっかけで友情が芽生える事もあったという。

amarecco0056_20110409222954.png amarecco0048_20110409222917.png amarecco0049_20110409222916.png

ゲーム開始時はまず連邦かジオンを選択し、好きな名前を入力する。そして、搭乗するMSを決める訳だが、ここで重要なのがコスト制度である。
両軍にはあらかじめ戦力ゲージという数値が割り振られており、初期値は600。
戦闘中に自機が破壊されると戦力ゲージが減少し、ゼロになると敗北となるシステムなのだが、最初に選んだMSの機種によって減少するコストが決まっているので、チームの組み合わせが非常に重要となる。

amarecco0033.png amarecco0036.png amarecco0038.png amarecco0039.png

たとえば、ガンダム、ジオングといったエース級のMSはコストが高く設定されており、その数値は375となっている。その為、2回死ぬだけで375×2死=750となり、トータルコストの600を超えて敗北となる。その代わり、コストが高いだけあってMSの性能は抜群に良く、熟練パイロットならなかなか墜ちないようになっている。

逆に、GMやザクといった汎用MSはコストが低く、3~4回死んでも敗北とならないが、その分性能はショボイので破壊されやすい。ただ、腕さえあればカバー可能なバランスであり、その辺が名作たる所以だろう。

amarecco0035.png ある条件を満たすと敵側のMSも使用可能

筆者はザクが大好きで、ガンダムゲームでは必ず使用するという愛着あるMSだが、本作ではコスト200~300クラスの中堅MSが人気で使用人口が多い中、ただ一人ザクを駆って高性能MSに戦いを挑んでいた思い出がある。腕の方がどうだったかは定かではないが、某大佐が言う「MSの性能の違いが戦力の決定的差ではない」の言葉の意味を信じて訓練に励んでいたものだ。





[MSコスト比較表]
青字:連邦赤字:ジオン
※モビルアーマーは省略

600・・・両軍戦力コスト(初期値)

375・・・ガンダムジオングシャア専用ゲルググ
300・・・ギャンゲルググ
250・・・ガンキャノンシャア専用ズゴック
225・・・陸戦型ガンダムドム(リック・ドム)
200・・・ガンタンクグフズゴックゴッグゾック
195・・・GMシャア専用ザク
170・・・陸戦型GMアッガイ
160・・・ザクII
150・・・ザクI(旧ザク)
100・・・ボール


[基本操作]
十字キー・・・MSの移動(同方向に2回入れてステップ)
攻撃(メインウェポン)・・・実弾タイプとビームタイプがある。
攻撃(サブウェポン)・・・メインと同様、実弾とビームがある。
格闘・・・近接攻撃を出す。出せないMSもある。
ジャンプ・・・押し続けると高く飛べる。バーニアゲージが無いと飛べないので注意。
サーチ・・・敵機を捕捉して照準を合わせる。

戦いの基本は、
1.僚機と協力して敵に「十字砲火」を浴びせる。
2.僚機と敵機が近距離で戦っているところを攻撃しない。(邪魔しない)
3.無駄弾を撃たない。(特にビーム系)
4.敵弾はステップで真横に避ける。

十字砲火は縦軸と横軸から同時に攻撃が来るので避け難く、相手からしたら非常に嫌らしい戦法である。
積極的に狙っていこう。
このゲームでは味方にも攻撃が当たってしまうので、近接戦闘中だと味方を誤射する事が多く、かえって迷惑になる場合がある。
悪気が無いとはいえ、味方の誤射で死んだりすると険悪なムードになりかねないので注意が必要である。

武器は実弾系とビーム系に大別され、実弾系は撃ち尽くすとリロードが入り、一定時間後に全弾回復する。
一方、ビーム系は撃った瞬間にリロードが始まり、1発ずつ回復するという特徴がある。
その為、ビームを無闇やたらに撃ってしまうとすぐに弾切れを起こし、肝心な時に弾が撃てなくなるという危険性がある。よく狙って確実に当てたい。

amarecco0021.png 引き付けて横ステップで回避。ホーミング性能の高い攻撃に注意

本作DX(デラックス)版は初代アーケード版をバージョンアップしたもので、新MSの追加、一部MSのコスト変更及びバランス調整、宙域ステージの導入、CPUへの命令等の新要素が加わった。元々良く出来ていた作品に更に改良が施された本作は、プレイステーション2とドリームキャストにも移植され人気を博した。
ただ、通信プレイに関しては当時まだ黎明期であり、実行するにはKDDIのマルチマッチングBBを導入する必要があり、少々ハードルが高かったのが残念。

amarecco0054_20110409222957.png 宙域ステージは操作が難しく、いまいち不評だった気がする

グラフィックが非常に美しく、ジャブローの密林、水中戦の濁った視界、宇宙(そら)から見た地球は特に注目してほしい。MSの挙動や仕草もバッチリで、背中のバーニア噴射口のコゲまで表現されている辺りは、ガンダムに対する制作者の愛が感じられる。
BGMと効果音はアニメで使用されていたものと同等のクオリティーで再現度が高く、しかもステージによっては歌入りの曲が流れるという嬉しい演出もある。「哀戦士」「めぐりあい」といったメジャーな曲から「シャアが来る」まで収録されていたのは驚いた。ファンなら涙ものだろう。

amarecco0037.png amarecco0015.png キャラがよく喋るのも嬉しい

前述のコストシステムとMSの性能差で絶妙なゲームバランスが保たれ、総合的にもかなり良く出来たゲームなのは間違いない。
その証拠に、本作がゲーセンデビューするや大ヒットを記録し、稼働率は非常に高かった。
今でも設置しているゲーセンがあり、マネジメントの面でもいかに優れていたかが伺える。
こういった感じで、バンダイにしては(失礼)やけに完成度が高いな~と思ったら、それもそのはず、開発はアクションゲームの雄・カプコンが手懸けていたというオチがあった。
バンダイめ、やるようになった!(シャアの声で)

この作品は後にZガンダム、SEED、ガンダムvs.ガンダム・・・・へと続く人気シリーズとなる。が、ファースト世代の筆者にとってはやはりこの連邦vs.ジオンが一番のお気に入り。
PSPに移植されないかな~と密かに願っているので、今度バンダイに要望したいと思います。

amarecco0042.png amarecco0024.png amarecco0032.png amarecco0010_20110409222351.png

関連記事
スポンサーサイト
【 2011/04/10 (Sun) 】 対戦アクション | TB(0) | CM(2)
おハロー!
うおおお!
VSシリーズの地位を確固なものにした、紛れも無い名作ですねー。
個人的な意見としては、開発主導がカプコンだったからいいものになったのかなーと思ってますw
正直、バンダイの開発は・・・(;´∀`)
【 2011/04/12 】 [ 編集 ]
こんばんは
このゲームはほんとに良く出来てたと思います。
今までのバンダイ作品を遥かに凌駕す(以下略)
続編のZもまた面白かったですね(´∀`)
【 2011/04/12 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 241 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ