レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゼルダの伝説 時のオカリナ

Logo_Nintendo66.gifNgc_Violet01.gifWii.gif
■分類:アクションアドベンチャー
■機種:NINTENDO64 (ゲームキューブ版は非売品)
■制作:任天堂
■発売:1998年
zelda640101.png Fc_Robot_1.gif 箱庭系ゲームの最高峰でした

任天堂の人気シリーズが3Dになり、絶大な支持を得た傑作。

名機・NINTENDO64の代表作として人気を博し、週刊ファミ通クロスレビューで初の40点満点を獲得した事でも知られる。

ただでさえ人気があるゼルダシリーズを最新技術(当時)でリニューアルし、従来の2D形式から完全3Dへと進化。
リアルに再現された広大な箱庭世界を自由に動き回れるという、これまでに無い新たなゼルダを体験出来るとあって、新旧ファン問わず幅広いユーザー層が飛びついてNINTENDO64の本体が飛ぶように売れたという逸話がある。
このゲームの為だけにNINTENDO64を買ったというユーザーも多かった事でしょう。(筆者も含む)

zelda640128.png zelda640132.png zelda640133.png

多彩なアクションと謎解きをメインにした従来路線を踏襲したまま、フィールドを完全に3D化している本作は、平面的な動きだけだった前作と違い、坂を上る、ハシゴの昇降、水に潜るといった上下の動線が追加。
立体的な地形を利用した新たなギミックも用意され、より複雑な謎解きが盛り込まれている。

zelda640155.png zelda640172.png zelda640190.png zelda640123.png

そして、このゲームの特筆すべき点は、3D化に伴い複雑化しがちな操作系統を簡略化し、誰でも簡単に、そして自由自在に操れるように工夫されていた点だろう。
"ロクヨン"のコントローラは形状が独特で慣れるまで少し掛かるが、丁寧なチュートリアルもあるので、序盤のコキリの森を出る頃には問題無く操作出来るようになっているはず。

そうした操作系統で最も高い評価を得たのは、視点を対象物にロックして、それを中心に動けるという"Z注目"システムである。
従来の3Dゲームは全般的に視点の操作が難しい傾向があり、初心者にとっては敷居が高いと感じるマイナスイメージがあったが、"Z注目"は、そうした視点操作に関する要素を極力簡単にし、誰でも問題無く操作出来るよう洗練されている。

zelda640147.png Z注目中は敵の方を向いたまま自由に動ける

戦闘では敵をロックしたまま動き、回避しながら攻撃するというテクニックも容易に可能であるし、弓矢等の飛び道具も確実に当てられるというメリットがある。
また、多少離れた所にいる人物に話しかけられたり、気になる箇所を調べる時にも活用するという、汎用性に優れたシステムでもあった。
シリーズ特有の謎解き要素も重要だが、まずはこの"Z注目"システムを早期にマスターする事が攻略の近道であるのは言うまでも無い。

zelda640136.png zelda640137.png zelda640138.png

ストーリーはお馴染みのリンクを主軸とした勇者系で、ハイラルの平和を脅かすガノンドロフを倒す事が目的となるが、今回はサブタイトルにもあるように、時のオカリナという最重要アイテムと、時間を超越する時の神殿が重要な役割を担っている。

zelda640113.png zelda640116.png zelda640117.png

簡単に説明すると、少年時代である現代と、ガノンドロフに支配されてしまった7年後の世界の2つを行き来しながら冒険するというタイムパラドックス的な展開がメインとなる。
少年時代に起こした行動が、7年後の世界に何らかの影響を与えるという仕掛けが多く、前作「神々のトライフォース」の表と裏の世界に似た面白さを体験出来る。
また7年後は青年リンクとなり、大人びた仕草や剣捌きがイカス。

オカリナは他にも使い道があり、数種類の歌を奏でて特殊な効果を発動させる事も可能。
謎解きに欠かせないアイテムなので、歌の効果を正確に把握しておこう。
他にも乗馬・水中探索・滑空と色々なファクターがあり、まさに「冒険をしている」という気分にさせてくれる。

zelda640156.png zelda640167.png zelda640173.png

本作はミニゲームやアイテム収集等のやり込み要素が豊富に用意されている点も嬉しい。
「黄金のスタルチュラ」を夢中になって探し回ったという人もいたと思うし、釣り堀にこもってひたすら魚を釣り続けたという人もいた事でしょう。
正直言うと本編よりもそっちの方が楽しかった記憶がある。ハートのかけら探しの熱さも健在。

zelda640108.png zelda640107.png 今回も沢山のアイテムが登場

やり込めばやり込むほど味が出る作りになっており、ゲームファンは勿論、業界からも高い評価を得た本作は、筆者の中で猛烈にハマった歴代ゲームの一つです。
間違い無く名作の部類に入ると言えましょう。

zelda640115.png zelda640127.png zelda640151.png

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。