レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【ゆっくり更新中】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダンス ダンス レボリューション

Arcade_Astrocity.gifPs01.gif
【種 類】音楽シミュレーション
【ハード】プレイステーション
【発売元】コナミ
【発売日】1999年4月10日

PSOGL001_20110121011222.png Fc_Robot_1.gif 準備体操は割と重要

ゲーセンをダンスホールに変えたリズムアクションゲーム。通称"ダンレボ"。

コナミが生み出した人気ジャンル「BEMANIシリーズ」の一つで、アーケードの家庭用移植版。
初代「ビートマニア」は鍵盤とレコードを使うDJスタイルの音楽ゲームだったが、今回は足でステップを踏んでプレイするという、全身を使って遊ぶゲームへと進化。
ダンスを踊るという"身体デバイス"はユーザーに新感覚をもたらした。

PSOGL007.png PSOGL008_20110121011221.png 開始時は深呼吸を......

プレイステーション版はコントローラでもプレイ可能だが、どうせなら専用のフットコントローラを使って家族や友人と楽しく遊びたい。
古参のゲーマーだとフットコントローラがファミリートレーナーとダブッて見えるかもしれない。
感度は良好だが、ステップを踏むので夜中にやると近所迷惑。
特にアパートなんかだと階下の住人はブチ切れ必至だろう。
天井に昇龍拳喰らっても文句は言えないのでやる時はマナーにも気をつけたい。

メインのゲームモードは「アーケード」「アレンジ」「トレーニング」の3つ。
モードを決めたら使用する曲を選んでレッツダンシング!

PSOGL002_20110121011221.png PSOGL006_20110121011220.png 難易度は3種類から選択可能

ルールは単純。画面の下から流れて来る上下左右の矢印と同じボタンを足で踏むだけ。
非常に簡単そうな印象を受け、実際筆者も最初は舐めていた。
ところがゲーセンでやってみたら全く思いどおりにステップを踏めず、頭では分かっていても足が動かないという大失態を演じてしまった。(´;ω;`)ウッ…結構難しいものです。

PSOGL003_20110121011428.png PSOGL004.png PSOGL005_20110121011427.png

ゲーセンでやる場合は前もって準備体操をしておくとよい。舐めてかかると捻挫や不整脈の原因となる。
それと夏場は冷房が効いてるので問題無いだろうが、暖房の効いた冬場では厚着したまま踊ると大量の汗をかいてしまうので注意が必要である。事前にタオルを準備しておくと安心。

PSOGL012_20110121011427.png PSOGL010.png PSOGL014_20110121011545.png PSOGL011.png

矢印を完璧なタイミングで踏むとPERFECT!!!となりダンスゲージが僅かに増えていく。
ミスをすると逆にゲージが減っていき、全て無くなると強制終了の憂き目に遭う。
「ゲームは手で操作する」という従来のやり方に染まったユーザーほど、「足で踏む」という操作がいかに難しいか。単純だからこそ熱くなれるゲームだ。
画面のバックで激しく踊るアフロの華麗でうざいステップも必見。




関連記事
スポンサーサイト
【 2010/08/26 (Thu) 】 音楽シミュレーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。