レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

バードウィーク

Fc_2.gif
■分類:アクション
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:東芝EMI
■発売:1986年
0663 バード・ウィーク 201008101730487 Fc_Robot_1.gif 日本の四季って、こんなにも美しい

小鳥を育てる親鳥の苦労を味わえるゲーム。ほのぼの系。

親鳥を操作して敵キャラクターの妨害をかわしながらヒナ鳥にエサを与えるアクションゲーム。
四季を彩る背景とのどかなBGMで牧歌的な雰囲気が漂い、プレイしていると自然を大切にしたくなるという心温まる作品である(笑)。愛鳥週間(バードウィーク)がそのままタイトルになっているが、関連性は不明だ。

0663 バード・ウィーク 201008101739461 0663 バード・ウィーク 201008101751403 0663 バード・ウィーク 201008101753400 のどかな背景

十字キーで親鳥の移動、Aボタンで掴んだキノコを落とすだけ。
操作が非常に簡単で、誰でも簡単にプレイ出来る・・・のだが、ステージが999面もあるのでクリアするにはかなりの忍耐力が必要。当然筆者はクリアした事がない。

ゲームが始まるとステージ中央にヒナ鳥がおり、時間が経つと空腹でジタバタし始める。
エサは画面中に飛び回っている虫で、クチバシで触れれば捕獲出来るので急いでヒナ鳥に与えよう。
ヒナ鳥を長時間放置しているとぐったりしてしまい、更に放置すると昇天しワンミスとなる。
ヒナ鳥に一定数のエサを与えると大人になり巣立っていく。
全て巣立ったらそのステージはクリアとなる。

0663 バード・ウィーク 201008101736134 0663 バード・ウィーク 201008101736190 自分が死ぬより悔しい

0663 バード・ウィーク 201008101752205 満腹時はエサを喰わない。重ねておこう

親鳥より一回り大きい鳥、ホッピングがうざいネズミ、アルゴリズムが読みにくいムササビ等の敵キャラに対しては、地面に生えているキノコをぶつける事で撃退可能。
但し、倒せる訳ではなく一時的に気絶させるだけなので、苦労する割には大してメリットが得られない。
敵を倒す暇があったらせっせとエサやりをした方が懸命だろう。
それと気絶状態の敵に触れても死ぬので注意したい。

0663 バード・ウィーク 201008101733279 0663 バード・ウィーク 201008101733479 キノコを上から落として当てよう

地を這うカタツムリを取るとなぜかしばらく時間が止まる。
見かけたらすぐにゲットし、取りにくい虫を捕まえよう。
他にもナメコみたいなキノコや花なんかも取るとボーナスなので余裕があれば。

心を癒したい時にプレイするのがお勧めだが、見た目の可愛さとは裏腹に殺したくなる程うざい敵キャラにキレる事無くプレイする為には、冒頭でも述べたように我慢強さが必要。
目指せ!999面!

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/08/10 (Tue) 】 アクション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 241 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ