レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

跆拳道

Sfc_3.gif
■分類:スポーツ
■機種:スーパーファミコン
■制作:ヒューマン
■発売:1994年
テコンドー_000 Fc_Robot_1.gif テコンドー愛が溢れ過ぎているゲーム

タイトルは「テコンドー」と読む。言わずと知れた韓国の国技です。

テコンドーを使うキャラが出て来る格闘ゲームは多々あれど、テコンドーという武道そのものに焦点を当てて大真面目にゲーム化したものは筆者の知る限りこれしかない。
プロレスでお馴染みのヒューマンが贈る、至高のテコンドー・アクションゲーム爆誕!

ヒューマンといえば、細部まで作り込まれたマニアックなスポーツゲームを輩出するメーカーとして知られ、本作も多分に洩れずそれである。
テコンドーを徹底的に研究し、リアルに再現しているばかりでなく、なんとゲーム中の言語は日本語と韓国語から選択可能という、かなりどうでもいい部分まで作り込まれているところは恐れ入る。
当然の事ながらハングル文字が読めないとさっぱり分からないので、言語は日本語にしておくのが無難だ。

テコンドー_001 テコンドー_002 驚愕のハングル表記。勉強になる?

ゲームモードはトーナメント、対戦、団体戦、道場(練習)があり、メインとなるのはトーナメントモード。
国内大会、ソウル大会を勝ち抜いて腕を磨き、最終的には朝鮮で開かれる世界大会に勝利するのが目的となる。
全8人の中から好きな拳士を選び、試合開始!

テコンドー_006 テコンドー_008 テコンドー_030

全てのボタンを使う操作は少々難しいかもしれない。が、道場モードで練習が出来るので、まずはここで基本的な操作を学ぶといい。以下に、各操作を簡単に記す。


[十字キー] 移動(左右)・ダッシュ(横2回押し)・ジャンプ(上)・ガード(相手と逆方向に入力)
[Aボタン] 上半身を狙う攻撃
[Bボタン] 大技を繰り出すが隙が大きい
[Xボタン] 頭部を狙う攻撃
[Yボタン] 連続攻撃
[Lボタン] フェイント
[Rボタン] 身体の向きを変える・押しながら十字キーでライン移動

テコンドー_005 初めてプレイする時は道場で操作を覚えよう


上記以外では、相手に接近してarrow-1-right.png+Bボタンで掛け蹴り(ガード崩し)、相手攻撃をガードした直後にarrow-1-right.png+AかXボタンで素早い反撃、arrow-1-down.pngarrow-1-down-right.pngarrow-1-right.png+Bボタンで防御技を出せる。
防御技は攻撃と防御を兼ね備えた便利な技で、主な用途は対空迎撃と割り込み。
発生が早く、見た目よりも攻撃範囲が広めで判定も強い為、置いておくように出すと効果的。
当たった相手を高確率でよろけさせる効果もあり、すぐさま飛び蹴り等で追い討ちを掛けると有効な連携技となる。(コマンド表記は右向き時のもの)

テコンドー_023 防御技は必ずマスターしよう。超使えるぞ

ところで、操作方法を見て「下段攻撃は無いの?」と疑問に感じた御仁もいらっしゃるでしょうが、テコンドーの正式ルールでは、腰から下への攻撃(ローキック・足払い等)と投げ技は反則となる為、これらの技は使用出来ない。代わりに頭部への攻撃は認められており、ジャンプしての攻撃はより評価が高い事を覚えておこう。

テコンドー_028 テコンドー_038 テコンドー_031

Rボタンは少し特殊で、押す度に身体の向きを変える役割を持つ(右構え⇔左構え)。
相手と軸がずれていると当然攻撃はスカってしまうが、相手の方に腹側を向ける事によって、多少のずれであれば廻し蹴りをヒットさせる事が出来る。
構えを変える操作があるのはこのためで、ライン移動で逃げようとする相手を捉える効果がある。
また、Rを押しながら移動すると画面の奥と手前に動ける。
位置を入れ替えたい時や、攻撃をかわす時に使おう。

テコンドー_019 ラインがずれていると技が当たらない


- 試合の基本ルール -
相手をノックアウトするか、5回ダウンさせれば勝ち。又は、相手に技を当てるとポイントが加算されていき、試合終了時に多い方が勝者となる(判定勝ち)。
選手にはスタミナが設定されており、技を出したり喰らったりすると減少。
体力値は画面に表示されず、選手の見た目で残り体力を判断しなければならない。
消耗すると肩で息をするようになり、膝に手をつくようになったら危険信号。
技の空振りや無駄な動きを極力控えたい。

テコンドー_011 テコンドー_016 テコンドー_029 テコンドー_012

トーナメントを進めていくと、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)で開かれる世界大会で邪三兄弟という強敵が登場。
これまでは淡々と対戦相手を屠るのみの展開だったが、一応コイツらの介入によってストーリー性っぽい味付けがなされている。邪三兄弟は他の選手と比べると格段に強く、特に長兄は鬼のような強さ。
画面端に追い込まれると成すすべなくハメ殺される危険性が高いので要注意だ。

テコンドー_035 テコンドー_034 テコンドー_032

これまでの展開がとても真面目で、「テコンドーのゲーム」という事に関しては一分の隙も無い本作。
ところが、最後の対戦相手・邪との試合が始まる瞬間に衝撃の展開が・・・・。

突然、審判を蹴り飛ばして自キャラに猛然と襲い掛かって来たかと思ったら、制限時間と判定表示板が消えて体力ゲージが現れた時は開いた口が塞がらなかった。
最後の最後でまさかのストリートファイトである。
これまで築いてきた真面目なイメージをいとも簡単に崩したヒューマンの恐ろしさと遊び心に乾杯!

テコンドー_049 テコンドー_051 この後、壮絶なバトルが幕を開ける

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/06/10 (Thu) 】 スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。