レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイスホッケー

Fc_Disk3.gifWii.gif
■分類:スポーツ
■機種:ファミリーコンピュータ ディスクシステム
■制作:任天堂
■発売:1988年
アイスホッケー 201003211736382 Fc_Robot_1.gif やるなら断然2人対戦で!!

当時まだ珍しかったアイスホッケーのゲーム。対人戦が燃える!

操作は選手の移動、パス、シュートだけというシンプルな内容で、任天堂「サッカー」のアイスホッケー版みたいな感じ。最初に6つのチームの中から1つを選び、4人の選手のタイプを決めると試合開始。

アイスホッケー 201003211729222 アイスホッケー 201003211733268 氷上の格闘技とはよく言ったもの

参加国は日本・米国・ポーランド・カナダ・ソ連・チェコスロバキアの6ヶ国。
各国はユニフォームの色が違うだけで能力は全て同じ。
その為、勝敗を決めるのは純粋にプレイヤーの腕前という事になる。

アイスホッケー 201003211736568 ソ連とチェコスロバキアは旧国名。時代を感じます

選手のタイプは、痩せ型・普通・デブの3種類あり、痩せ型はスピードがあるが当たりが弱く、デブは強いが動きが遅い。普通は中間的な能力となっている。
全員デブとかどういうチーム構成にしても自由だが、バランスを考えて編成しよう。

アイスホッケー 201003211737103 選手のタイプはよく考えて決めよう

試合が始まったらパックをキープして相手ゴールまで運んで行き、Bボタンでシュートを決めよう。
Bボタンを押しっ放しにするとパワーを溜めて強力なシュートを放てる。
Aボタンは近くの味方へのパスで、上手く使って試合を制していくと吉。

アイスホッケー 201003211731021 試合開始時。熱い戦いが始まる!

パックを持っている相手に突っ込むと時々奪い合いが発生する。
この場合はボタンをより多く連打した方が勝つが、長引くと他の選手も集まって来て大乱闘に発展!
いかにもアイスホッケーらしい展開に試合のボルテージが最高潮に達する瞬間だ。
でも運が悪いと退場になるのでほどほどに。

アイスホッケー 201003211731448 インターバルは整氷車が入るという芸の細かさ

簡単操作ながらしっかりとアイスホッケーらしい試合が出来る数少ないゲーム。
CPUを相手にするより、出来れば友達・兄弟同士でやった方が100倍楽しいぞ。

ただ、パックの奪い合いが熱いので、本物の試合同様どうしても乱戦になりやすく、結局はボタン連打と、キーパーの猛烈な上下移動に頼るガチャプレイになりやすい。それこそ子供の喧嘩みたいな状態である。

熱くなり過ぎて、ゴールが決まろうものならコントローラを投げ出して掴み合いになったという御仁もいらっしゃる事でしょう。昔は本当にアツイ時代だったのです。

アイスホッケー 201003211730442 アイスホッケー 201003211730513 決められた瞬間。いちいち抱き合うな!

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/03/22 (Mon) 】 スポーツ | TB(0) | CM(2)
良いですね。
これすごく面白いです。
シンプルな対戦をとことん追求したスポーツ。アイスホッケーの枠にとらわれず、面白い対戦ゲームとしてプレイしてもらいたいですね。^^
【 2010/03/24 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
どうもです。
今ならWiiで気軽に遊べるので、たくさんの人にプレイしてもらいたいです。
数ある対戦スポーツものの中ではお勧めですね。
【 2010/03/24 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。