レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

斑鳩

Arcade_Astrocity.gifDC3.gifNgc_Violet01.gifLogo_Xbox360.gif
■分類:シューティング
■機種:ニンテンドーゲームキューブ
■制作:アタリ (開発:トレジャー)
■発売:2003年
ikaruga0002.png Fc_Robot_1.gif 撃て!避けろ!・・・・・・当たれ!!

シューティングファンのコアな支持を得ている、トレジャーの芸術的作品。

普通のシューティングとは一味も二味も違う作風でマニア人気の高い、トレジャーの名作。
制作スタッフはほんの数名だったらしいが、そうは思えないほど良く出来たゲームである。
重厚かつ悲壮感漂うストーリーと、美麗な色合いのグラフィック、荘厳な音楽がプレイヤーを幻想的な世界にいざなう。
特に、白と黒を基調としたコントラストが美しいグラフィックと、展開と曲調がリンクした音楽は人気が高い。
筆者がこれまで見てきたシューティングの中では断トツの完成度を誇る。

ikaruga0007.png ikaruga0005.png 「不動明王の剣」から射出される斑鳩

アーケードで登場するや独特のシステムで人気を博し、シューターからのリスペクトが篤い。
上級者がやっていると「すごいなー」と羨望の眼差しを受けるのと、「この人の指先はどういう構造になってるんだ?」と奇異な目で見られるという二面性があった。(ウソですスイマセン)
それから、奈良県の斑鳩町とは全く関係が無いので注意してほしい。

プレイヤーは「斑鳩」という飛鉄塊を操作し、全5ステージを攻略する(2人同時プレイ可能)。
自機の操作は、8方向移動、ショット、属性チェンジ、力の開放で、パワーアップアイテムの類は一切無く、ステータスは最初から最後まで完全固定となっている。
スピードアップも無く、人によっては遅いと感じるかもしれないが、一般的なシューティングと違い、回避する事が全てでは無いこのゲームにとって、それほど重要ではない。

ikaruga0003.png 最初に難易度を選択可能(3段階)

ikaruga0049.png ikaruga0054.png チュートリアルは親切

ショットは押しっ放しのフルオート連射と、単発のシングルショットを使い分ける。
単発で使う理由は後述するとして、重要なのは、このゲーム全体に設定された「属性」。
自機を含めて、登場する全てのキャラクターには「白」「黒」の属性が設定されており、これこそが、このゲームを象徴するシステムである。以降ではより詳しく説明しよう。

ikaruga0006.png 属性は終始つきまとう運命(さだめ)。要練習!

チェンジボタンを押すと自機の属性が白→黒→白・・・と変わり、敵機にも白か黒の属性がある。
敵機は属性チェンジしないので心配無用。したら大変な事になる(笑)。
属性はショットにも適用され、白の時に撃てば白ショットとなり、黒い敵機が撃つ弾は黒、という具合。

重要なのはここからで、自機と敵機が逆属性の時に攻撃するとダメージが倍になる。
分かりやすく言うと、白ショットを白い敵に当てると通常ダメージだが、白ショットを黒い敵に当てるとダメージが倍になる、という事。もちろん自機が黒の時はその逆。
硬い敵を倒す時は逆属性が基本だ。

ikaruga0012.png 大型の敵は硬いので逆属性を意識しよう

そして最も重要なのが、敵弾と自機が同属性の時は当たっても死なず、吸収出来るという点で、「シューティングは避けるもの」という常識を覆した斬新なシステムである。
属性さえ合っていれば、ビームだろうが極太レーザーだろうが全く平気で、それどころか吸収するという素敵システムだ。敵弾に当たりに行くのが病みつきになるぞ。

ただし、属性をチェンジすると一瞬だけ「無属性」になる瞬間があり、この時はどちらの属性弾に当たっても死んでしまう。その他、逆属性の弾に当たるとミスになるのと、敵機にぶつかると属性に関係無くミスとなる点にも注意したい。

ikaruga0016.png ikaruga0018.png 属性さえ合えば恐るるに足らず

攻略に欠かせないアクションが「力の解放」で、ショットボタンとチェンジボタンを同時に押す事で強力なホーミングレーザーを発射する。
前項で説明した敵弾の吸収で「力の解放ゲージ」が溜まっていき、最大で12発分までストックされる。
発動した時点で溜まっていた分の弾が同時に発射され、自機に近い敵機からホーミングする事が特徴。
後者はボス戦やチェーンコンボの繋ぎに大きく関係するので必ず覚えておく事。

前作「レイディアントシルバーガン」の血脈を受け継いでいるのが「チェーンコンボ」システムで、同属性の敵機を3機連続で破壊するとボーナス得点が加算されていく仕組みになっており、このゲームでスコアアタックをするのであればマスター必須。
黒・黒・黒→白・白・白→白・白・白→黒・黒・黒・・・・という感じで、3機連続になっていればチェーンが繋がっていき、MAXで25600点もの大量得点をゲット可能。
MAX以降はチェーンを成立させる度に25600点なので、上手く繋げていけばかなりのスコアが期待出来る。
場面によってはシングルショットで敵機をピンポイント破壊していくスキルも必要で、いかに途切れる事なく繋げていけるかが腕の魅せどころだ。

ikaruga0021.png ikaruga0037.png 作中のストーリー展開も熱い

このゲームの難しいところはまさにここ。
普通にクリアしようと思えば、実はそれほど難しく無いのだが、チェーンコンボのパターンを構築して極まったプレイをしようとすると、途端に鬼のような難易度に変貌する。
このゲームはランダム要素が一切無く、敵機の行動パターンは毎回同じなので、プレイヤーのパターン構築と、それを確実に実行するスキルが求められる。
このゲームがよく「パズルゲームだ」と表現されるのは、この辺に理由がある。

ikaruga0028.png ikaruga0030.png ikaruga0034.png ikaruga0046.png

最後に某達人のプレイ動画を紹介。
達人のスーパープレイを見ると、全く無駄の無い動き、完璧なパターン、貪欲に敵弾を吸収しまくる稼ぎ、どれをとっても神の領域と言えるレベル。
とても同じ人間とは思えないその神技を見てしまうと出来る気がしなくなり、ゲーム自体やる気が無くなるという罠が潜んでいるが、筆者も頑張ってモノにしたい(笑)。




関連記事
スポンサーサイト
【 2010/03/20 (Sat) 】 シューティング | TB(0) | CM(2)
おっ
新しい系ですね。(´∀`)
ゲームキューブの中でも好きな方です。
意外にゲームキューブは良いゲームが多いッス。
もっと読みやすいタイトルだったら(笑)売り上げも伸びたかも知れないのに…。
ヘタレゲーマーは私は程よい難易度で程よくプレイするのが楽しかったです。
【 2010/03/24 】 [ 編集 ]
おハロー!
こんにちは。ペケペケさん。
ゲームキューブの柔らかいというか、優しい色使いが好きですね。地味に良作が多いハードであります。
斑鳩(いかるが)は確かに読みにくいかも(´∀`)
【 2010/03/24 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。