レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テイルズ オブ デスティニー

Ps01.gif
■分類:RPG
■機種:プレイステーション
■制作:ナムコ
■発売:1997年
PSOGL002.png Fc_Robot_1.gif 夢で終わらせない・・・冒険の世界へ!

大人気「テイルズオブ」シリーズ第2弾。同シリーズのファン層の厚さはハンパない。

ナムコの代表作「テイルズオブ~」は、初代「ファンタジア」から数えて実に12作にも及ぶという長寿シリーズ。
リメイクや移植も含めると更に増え、レトロゲーマーにとっては全て覚えるのがかなり困難。
当然、筆者はアウトだ。(;´∀`)
本作は1997年にプレイステーションにて、カートリッジからCD-ROMへメディアを変えての登場となった。
なぜ始めにファンタジアをレビューしないかというと、本シリーズはデスティニーしかやった事が無いから。
(スマン)

PSOGL052.png PSOGL053.png フィールドで放置すると仲間同士で会話する

始めはテイルズにあまり興味が無かった(ファンの方ごめんなさい)のだが、店頭でパッケージを見て面白そうだったので買った記憶がある。やってみると意外や意外、グラフィックは綺麗だし、音楽も美しい。
アクション要素が強い戦闘システムも、作業になりがちなRPGの戦闘とは一味違う出来でかなり楽しめた。

そしてなにより良かったのが、いのまたむつみ氏デザインのキャラクターが魅力のアニメーションと共にオープニングで流れる主題歌。
DEENが歌う「夢であるように」は、筆者の中でマイ・フェイバリット・ゲームソングに認定されている。





ゲームのストーリーは、主人公のスタン・エルロンが兵士になるのを夢見て田舎を飛び出し、セインガルド王国に向かう飛行竜(飛空艇みたいなもの)に密航するところから始まる。

この飛行竜には「ある物」が積まれており、極秘に移送していたところを狙った魔物が襲撃。
密航がバレて剣を没収されていたスタンは船内を逃げ回るが、混乱の最中に船倉の奥である物を見つける。
それは「ソーディアン」と呼ばれる、意思のある剣だった・・・・。
剣の問い掛けに応じるままに手に取ったその瞬間から、この物語のデスティニーは動き始める。

PSOGL005.png PSOGL006.png ソーディアンとの出会いから始まる

ソーディアンとはかつての天地戦争時に活躍した英雄で、元は人間だった存在。
特別な人間にしか扱えず、普通の人間には声も聞こえない。
偶然巡りあったスタンとソーディアン・ディムロスは、共に飛行竜から脱出。
それからは行動を共にし、後に残り4人のソーディアンとマスター達に巡り合う事になる。
ソーディアンを扱う人間は「ソーディアンマスター」と呼ばれ、全部で5人登場する。
以降では個性豊かなメインキャストの人物像をおおまかに説明しよう。


■登場人物(カッコ内はソーディアンの名前)

PSOGL064.png スタン・エルロン(ディムロス)
妹リリス・祖父と平和に暮らしていたが、王国の兵士になる夢を諦めきれず、フィッツガルドの田舎を飛び出した熱血漢。普段は能天気な性格で、困った人は放っておけないお人よしな一面も持つ。
恐ろしく寝起きが悪く、ルーティから痛烈に叩き起こされる場面が多い。
基本的に熱くなりやすいが、更に輪を掛けてアツイ性格のディムロスと一緒になって暴走気味になる事もしばしば。大方の予想通り、属性は炎である。

PSOGL062.png ルーティ・カトレット(アトワイト)
金に目が無い守銭奴ギャル。
とにかく金の事しか考えておらず、よくスタンと衝突するが、金に執着するのにはある理由がある。
マリー・エージェントと共にとある遺跡に侵入し、罠にかかっていたところをスタンに救われたのがきっかけで、旅に同行する事になる。・・・が、それは単にスタンを護衛代わりに利用しようと思っただけ。
アトワイトの水の晶術は回復系がメイン。続編「デスティニー2」ではスタンとの間にもうけた子供が主人公。

PSOGL063.png フィリア・フィリス(クレメンテ)
ストレイライズ神殿の司祭で、天然・おっとり・メガネと三拍子揃った王道女子。
神殿を裏切って「神の眼」を奪い去ったグレバム司祭を止められなかった事に責任を感じ、スタン達に協力するようになる。見た目通り武器よりも呪文を得意とし、クレメンテ老の豊富な雷系晶術を操る。
旅を続けるうちにスタンに恋心を抱くが、ルーティに遠慮して積極的になれない自分がもどかしい。
スタンとルーティとの三角関係も見どころの一つ。

PSOGL001.png リオン・マグナス(シャルティエ)
セインガルド王国の凄腕剣士。属性は土。
王から「神の眼」奪還の勅命を受け、セインガルドに拘束されていたスタン一行に協力させると同時に、監視役として同行する。冷たくてそっけない態度を取るので、スタン&ルーティとは揉め事がしょっちゅう。
しかし、唯一心を許すマリアンの前では弱い面を見せる等、どこか影のあるキャラで女性人気が高い。
悲劇的な運命に翻弄される姿がより母性本能をくすぐるという悪循環(?)に陥り、肉食女子の格好の餌食となってしまった16歳。

PSOGL065.png ウッドロウ・ケルヴィン(イクティノス)
イザーク・ケルヴィン王が治めるファンダリア王国第1王子。
王族でありながら諸国を放浪しており、現在はファンダリア山奥の弓匠アルバに師事している。
頭脳明晰、理知的、容姿端麗で剣の腕も立つという非の打ちどころの無いクールガイ。
風の晶術を操るイクティノスも似たようなキャラで、スタン&ディムロスとは正反対のポジションについている。
アルバの孫娘チェルシー・トーンに慕われているが、当人は軽く流している様子。


この5人を中心に物語は進み、最終的には「神の眼」を巡る壮絶な戦いへと進展する。
何度も出て来る"神の眼"とは、天地戦争時に使用された兵器の名称で悪魔の如き威力を誇る最悪な存在。
そして、かつて天空を支配した天上人と地上人との間に起きた戦いが天地戦争の由来である。
これらのキーワードが常にストーリーのバックにちらつきつつ、スタン一行の冒険が繰り広げられる。

PSOGL048.png PSOGL036.png PSOGL058.png PSOGL019.png

ジャンルはRPGで、マップを移動して町で情報収集を行うRPG要素と、プレイヤーが直接操作して戦う戦闘シーンに分かれる。
キャラの操作はそれほど複雑ではなく、十字キーとボタンを組み合わせる事で色々な技を繰り出せるようになっている。敵を倒して経験を積み、レベルを上げていくところはお馴染みのスタイルだ。

PSOGL008.png PSOGL012.png レベルUPに伴い、特技や晶術を修得

PSOGL067.png PSOGL068.png 登場アイテムが非常に多いのも特徴

操作するのはスタンのみで、他の仲間はAIで行動する。
仲間の行動方針はさくせんコマンドで個別に設定可能だ。
敵とエンカウントすると戦闘画面に切り替わるので、通常攻撃・特技・晶術を使いこなして勝利を目指す。

○ボタンで攻撃、×ボタンで特技、□ボタンで防御、△ボタンでコマンド選択。
十字キーで左右移動、上+○で上段攻撃、下+○で突きとなっている。
敵との距離が遠い時に○ボタンを押すと、ダッシュして距離を詰めつつ攻撃を繰り出す。
この時、○ボタンを2回押せばジャンプ斬りになり、空中にいる敵はこれか上段攻撃で対応する必要がある。
敵に連続で攻撃を当て続ける速攻スタイルが基本で、通常の斬り払いよりも発生が早い突きをチクチク当てるのが有効。割り込まれそうになったら×ボタンで硬直をキャンセルしつつ特技を出すといい。
(例)攻撃→魔神剣など

PSOGL037.png PSOGL018.png アクションは簡単操作で初心者も安心

晶術・アイテムを使う時はコマンドで実行するが、選択してから発動するまでに時間が掛かるので、敵の近くで使うと攻撃で邪魔される事が多い。その為、後衛の仲間に使用させるのが基本だ。
晶術・特技を使うとTPが減るものの、戦闘終了時に少量回復するので、ケチらずガンガン使った方が戦闘も早く終わり、結果的に楽になる。消耗してきたら宿屋で回復すればいい。

特に派手なアニメやCGを使わず、グラフィックの細やかさで勝負するタイプのゲームで、マップ画面上でキャラが凝った仕草をするのが面白い。ふきだしでキャラの感情を豊かに表現する手法に加え、随所ではポリゴンを使用した演出もある等、CGにも強いプレイステーションの能力を上手に活用している印象。
加えて、×ボタンを押しながら移動すればダッシュする点や、低めに抑えられている難易度もユーザーフレンドリーで個人的にナイスだ。

PSOGL013.png PSOGL060.png PSOGL047.png PSOGL026.png

本シリーズはかなり高い人気を誇り、数々の機種に移植されているのはご承知の通り。
筆者も挑戦しようという意欲はあるのだが、時間がなかなか取れないので実現するに至っていないのが悔やまれる。ファンタジアからグレイセスまでやりきるのにどれだけ時間を要するのか・・・。
中途半端な気持ちで挑むと挫折しそうで恐ろしい。でも面白そう。困った。(´・ω・`)

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/03/13 (Sat) 】 RPG | TB(0) | CM(4)
現在、ヴェスペリアをやっております。
懐かしいですね!デスティニー。
ザ・プレイステーションの体験版で面白かったので、買いました~。
確かにデスティニーは移植が多いですよね。
でも私はPS版が好きですね。
ドラスピのブルードラゴンが出てきますし、
ドルアーガの塔を体験できるのは、かなり大きいと思います~。
なんでリメイクで無くなってしまったのでしょう・・・。
【 2010/03/13 】 [ 編集 ]
こんにちは
自分はPSオリジナル版しかやった事ないですが、ブルードラゴンとかは知りませんでしたね。
PS2リメイク版とデスティニー2もやってみたいけど余裕が無い・・・(;´∀`)
【 2010/03/13 】 [ 編集 ]
|ω・)失礼します
Σ(・ω・)マジですか?!
テイルズオブシリーズをファンタジアしかされていないとはもったいないかも?
にしてもいつもながらの記事の充実度合いが素晴らしくみ習わなければと思ってしまいます。
とくに画像関係がいいb
|ω・)さぞかしお時間かかってそうで尊敬いたします
ちなみに私は初がSFC版ファンタジアでしたのでその時のオープニングソングの感動は今でも忘れられません。
【 2010/03/14 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
こんにちは。
ファンタジアはSFCだけど歌が流れるんですか?凄いですね!
やってみたいけど今更感はやっぱりありますね(;´∀`)
もっと早くやっとけばよかったですな~
【 2010/03/14 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。