レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【ゆっくり更新中】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイハード

Fc_2.gif
【種 類】アクション
【ハード】ファミリーコンピュータ
【発売元】パック・イン・ビデオ
【発売日】1991年7月19日

0454 ダイハード 201003030021439 Fc_Robot_1.gif 世界一運の悪い男、登場

大ヒットしたハリウッド映画をゲーム化!中身の方はどうなっているでしょう!?……

映画「ダイハード」(1988年 監督ジョン・マクティアナン)の世界をゲームにしたのがこれ。
内容は映画と同じく、主人公の刑事がテロリストと戦う痛快ハード・アクションで、パック・イン・ビデオが奇跡のゲーム化。(失礼)
映画が元ネタのゲームは昔からあるものの、ハードの制約からか、完成度に疑問符が付く作品が多い中、本作はファミコンながら割と忠実に再現されている方である。
特にオリジナルキャストのグラフィックはかなり頑張ってる感が強い。
川のぬし釣り」で培った技術の集大成がこんなところにあった!(ウソ)

0454 ダイハード 201003030021508 0454 ダイハード 201003030021565 緻密に描き込まれたグラフィック


主人公はブルース・ウィリス演じる米国ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーン。
クリスマスの夜、ロサンゼルスの日系企業・ナカトミグループに勤める妻・ホリーの計らいで、ナカトミビルの建設祈念を兼ねたクリスマスパーティーに招かれたジョンだったが、突如押し寄せたテロリスト集団によるビル占拠事件に巻き込まれてしまう。会場にいた大勢の出席者が人質として拘束される中、一人難を逃れたジョンは、封鎖された高層ビルの中で孤独な戦いを始める…。


映画の筋書きはこんな感じだが、ゲームではストーリーの紹介とか一切無く、いきなりホリーが捕まるシーンからスタートするあたり、プレイヤーが既に映画を観ていることを前提にしてる感じだ。
カットインされる俳優のグラフィックがなかなか似ており、前もって映画を観賞しておくとより楽しめる。
逆に言えば、映画を観てないとさっぱり分からない。

0454 ダイハード 201003081820466 0454 ダイハード 201003081821175 映画さながらの臨場感(笑)

かくしてジョンの孤軍奮闘が始まる。
映画のようにちゃんと白いランニング姿なのがGOOD。
初期装備の拳銃は弾が15発しか無く、弾が尽きるとパンチで戦うハメになるので無駄撃ち厳禁。
スタートからほどなくして、最初のテロリストが襲い掛かって来るので早速撃退しよう!

…ここで、このゲームの厳しいポイントを紹介。
まずテロリストだが、遭遇した瞬間から大量の弾をばら撒き、回避が非常に困難である。
扇状に飛んでくる弾と弾の隙間が狭く、しかも逃げながら撃つヤツが多いため、かなり苦戦するのは必至。

0454 ダイハード 201003030020149 どうやって避けろと…

敵は無限に湧くのではなく、ちゃんと人数が設定されており、倒すと残り人数が表示されるのは現実的でリアルだ。
ただ、映画では10人くらいなのに、ゲームでは40人もいやがるのはツライところである。
遠くの方で「チーン」とエレベーターの到着音がしたらテロリストの増援なので要注意。
オープンと同時に自動小銃ぶっ放しながら出て来るぞ。
エレベーターの近くにいた場合は、真正面で待ち構えて瞬殺すると楽。
敵を倒すと武器やアイテムをバラバラと落とすのできっちりと回収しよう。
その中でも、敵同士の会話を傍受出来る無線機は重要アイテムだ。

0454 ダイハード 201003030020479 敵を倒して所持品をパクるのが基本

0454 ダイハード 201003030026133 エレベーターは敵も使用するので注意

次にジョンのステータス関係。
体力値の他に「FEET」というパラメータがあり、これはジョンの足の裏の状態を表している。
映画を観ている方はご存知でしょうが、テロリスト襲撃時のジョンは裸足だったため、劇中では足の裏をケガして大苦戦する。ゲームでも同じで、割れたガラスの上を歩くとFEETのメーターが減っていき、だんだん動きが鈍くなってしまうという、頼んでもいないのに妙に細かいところまで再現されている。
しかもこのFEETメーターはただ歩いているだけでも減るのでなお厳しい。
「倒した敵から靴をパクれよ!!」というツッコミが聞こえてきそうだ。
減ってしまったFEET値は洗面所の救急箱で少し回復出来るが、数に限りがあるぞ。

0454 ダイハード 201003030027464 0454 ダイハード 201003030027554 痛そうなシーンもちゃんと再現

フロア内では、ジョンの死角になっている部分はグラフィックが表示されず、見えないようになっている。
そのため、曲がり角や部屋の中に不用意に進んで行くと、テロリストにばったり…という危険性もはらんでおり、まさに映画のような緊張感を味えるのである。
これまたリアルなシステムと、それをやってのけたプログラマーの技術に舌打ちしつつ脱帽。
ファミコンで無理しないで!!(笑)
ちなみに部屋の扉は銃で撃てば開けられます。

0454 ダイハード 201003030027072 死角に向けて弾を撃つ戦法が有効

ビルからの転落にも気をつけたい。
割れた窓から外に出てしまうと転落死するのだが、グラフィックのショボさが仇となり、フロアと外の区別がつきにくいので注意が必要である。
前述のように、割れたガラスを踏むとイライラすることにもなるので、なるべく窓には近づかないのがベストだ。

0454 ダイハード 201003030046362 0454 ダイハード 201003030047572 落ちるとドサッと音がするぞ

度重なる戦いで体力が消耗するのは免れないが、回復アイテムが少ないのも厳しい。
敵が落とすジュースを拾うか、床に置いてあるジュースを拾う他、自動販売機をぶち壊してもゲット可能。
ただし有限なので、なるべくダメージを喰らわないように立ち回ることが大切である。
敵の弾を丁寧に回避することを心掛け、「肉を切らせて骨を断つ戦法」はやらないように(笑)。

0454 ダイハード 201003030022256 0454 ダイハード 201003030041248 ジュースは貴重な回復源

さらに厳しいのは時間制限の存在。
テロリストが狙う金庫室のロックが時間と共に解除されていき、全て開くとアウト。
敵との戦いだけでも苦しいのに、タイムリミットまで設けられているのだから一筋縄ではいかない。
一応時間の余裕は長めにあるものの、気持ち的に焦ることの無いよう落ち着いていきたい。

0454 ダイハード 201003030028592 0454 ダイハード 201003030020572 右下がロック扉の開錠状況

他にもダクトの中をほふく前進したり、テロリスト同士の会話や、テログループのリーダー・ハンスの台詞が随時カットインされる等、なかなか映画同様の臨場感を味わえる作品なのだ。
…が、いかんせん難易度が高く、敵の鬼のような猛攻と回復手段の乏しさのお陰で、当時まともに攻略出来たお子様が全国で何人いたのか…。
どうやらジョンの不死身っぷりまでは再現出来なかったようです。

0454 ダイハード 201003081843116 ダクトにいても撃ってくる。こんなところまで再現しやがって!!

0454 ダイハード 201003030021395 ゲームオーバー画面。クソッタレ!(声:野沢那智)

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/03/08 (Mon) 】 アクション | TB(0) | CM(2)
おハロー!
こんばんわ~。
タイトル画面、めちゃくちゃ綺麗ですね~。
緻密に書き込まれた、おっさんくさい顔グラフィックをガンデックを思い出します。
しかしあの弾幕は・・・避けれそうにないです(;^_^ A
【 2010/03/08 】 [ 編集 ]
こんばんは
すしまるさん、どうもです。
最初に出会った敵からあれですからね~いい具合の絶望感を味わえますよ。
せめてFEETシステムがなければまだ楽だったんですけどね(笑)
【 2010/03/08 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。