レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

麻雀

Fc_2.gifFc_Disk3.gif
■分類:テーブル
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:任天堂
■発売:1983年
0882 麻雀 201002022117261 Fc_Robot_1.gif これで役を覚えた人も多かった

超シンプルな2人打ち麻雀ゲーム。入門用として最適です。

ファミコン本体の少し後に発売された初期の麻雀ゲーム。
CPU戦しか出来ないが、3つの難易度から選択可能で、お子様からジェントルマンまで楽しめた。
ファミコンがこの世に登場したばかりの頃、まだテレビゲームに懐疑的だった親をいかに説得して買ってもらうかという事に全力投球だったお子様が、こぞって本作をダシにしたという逸話があるゲームである。

ゲームは東一局・東二局・南一局・南二局の半荘戦を3回行い勝敗を決める。
裏ドラ、カンドラ、リーチ一発有り。
最低限の基本ルールを押さえた作りになっており、余計な要素は一切無い。
今だとかなり素っ気無く感じるかもしれないが、当時はテレビで麻雀が出来る事自体かなり画期的だったのだ。

0882 麻雀 201002022116583 リーチ一発ツモ和了したところ

十字キー左右で牌の選択、上下で和了・リーチ・ポン・チー・カンの選択、Aボタンでツモ切り、Bボタンは十字キー上下で選択したコマンドの実行となっている。
カーソルは端まで行っても反対側にワープしてくれないので、端から端まで行く時は少し面倒だが、初期のゲームなので我慢しよう。

難易度が低い「初級」でプレイすると配牌が結構甘く、なかなか出ない高い役や役満なんかが普通に出たりするので、役満完成させるのに躍起になっていたものである。
これで麻雀のルールを覚えたというお子様も多かった。

0882 麻雀 201002022111248 0882 麻雀 201002022111479 こんな役が割とよく出る。目指せ役満!

難易度が上がるにつれCPUが強くなり(イカサマ?)、チョンボフリテンも適用され、長考すると強制的にツモ切りになる等、少しずつ厳しくなってくる。特にフリテンはやりがちなので気をつけたい。
それと細かい話だが、ドラ表示牌はドラ牌そのものを指しているので注意。
例えばドラが「一萬」と表示されていたら、その「一萬」がドラなので間違えないように。裏ドラも同じ。

0882 麻雀 201002022137035 チョンボは精神的ダメージ大。絶対に避けたい

BGMが無く、効果音のみなのでかなり静か。
淡々と牌を打つ感じは、実際にやるのと似たような雰囲気で味があります。
「雀荘に行かずとも家で麻雀が出来る革命」を起こした任天堂に拍手を送りたくなる作品だ。
任天堂初期のポーズ音と共に出て来るコーヒーカップも心温まります。

0882 麻雀 201002022112465 本当にコーヒーが飲みたくなる罠

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/02/02 (Tue) 】 テーブル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ