レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【ゆっくり更新中】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストリートファイターII The World Warrior

Arcade_Astrocity.gifSfc_3.gifSs1.gifPs01.gifPs2_03.gifWii.gif
【種 類】対戦格闘
【ハード】アーケード
【発売元】カプコン
【発売日】1991年3月

sf2j0001.png Fc_Robot_1.gif 対戦格闘元年…熱き闘いが始まる

社会現象にまでなった対戦格闘アクションのパイオニア的ゲーム。

ストリートファイター」の続編として登場し、この作品が社会に与えた影響は計り知れないものがあった。
それまでのゲームスタイルであるCPU相手の攻略から一変し、対人戦に重きを置いたシステムとなり、勝てば続行、負ければ終わりというルールは当時新鮮だった。
そして、生身の人間を相手にすることによって、新たな問題も発生した。

sf2j.png キャラ選択画面。全てはここから始まった

CPU相手なら何も遠慮はいらないが、画面の向こうにいるのは本物の人間である。
時には感情のぶつかり合いも起こるというものだ。
ゲーセンでのリアルファイト勃発率が上がったのは、間違い無くこのゲームが登場してからだと思う。
筆者の行きつけのゲーセンでプレイヤー同士の喧嘩が発生した時の、片方の紳士が叫んだ「ゲームだから!!!!」という魂の咆哮がいまだに印象に残っている。
いい大人をも熱くさせる魔性のゲーム(笑)、それが「ストリートファイターII」である。

画面上部に両キャラクターの体力ゲージと勝ち星数、中央にタイムカウントという画面構成は、対戦格闘ゲームのスタンダードとしてすっかり定着した感がある。後発の類似ゲームでも、ほとんどが同様のシステムを採用している辺り、いかに完成されていたものだったかが伺える。
相手の体力をゼロにするか、時間切れで残り体力の多い方が勝利という分かりやすさも人気の理由だった。

前作から引き続き登場する「リュウ」「ケン」をはじめ、格ゲー女王「春麗」、スモウレスラー「E.本田」、赤きサイクロン「ザンギエフ」、米国軍人「ガイル」、ヨガの至宝「ダルシム」、野生児「ブランカ」と、今でも通用する強烈な個性を放つ8名のファイターが織り成す闘いのドラマに誰もが興奮したし、筆者もその中の一人である。
最初はガイルを使っていたのだが、使用人口が多い上にしゃがみ待ちが強いキャラで、使っていると卑怯者呼ばわりされそうな空気に気圧されて、ブランカに転向したという個人的過去がある。野生児フェチ。

sf2j0000.png sf2j0008.png sf2j0007.png sf2j0004.png

必殺技はコマンド入力で出すが、まだ格ゲー慣れしていない当時のプレイヤーにとっては、波動拳が出せただけで大喜びしたという時代。
昇龍拳はおろか、ザンギエフのスクリューパイルドライバーなんて絶対無理!と最初から諦め、比較的簡単な溜め技や連打技に頼るプレイヤーが相次いだ。というか頼ってた。

筆者の腕前は、前出のスクリューなんてレバー1回転したら「跳んじゃうじゃん」と思っていたレベルだし、先行入力というテクニック、いや発想そのものが無かったことが、今となっては微笑ましい。
ザンギエフで思い出したが、当時はロシアじゃなくソ連(U.S.S.R)だったのが時代を感じさせる。ハラショー!

これまでのゲームでは、敵の攻撃は「避けるもの」が大半で、このゲームでの重要アクション「ガードする」という要素がとても新鮮だった記憶がある。
相手の逆方向にレバーを入れるという操作方法も独特なもので、軽く「目からウロコ」だった気がする。
まだガードの仕方に慣れない筆者は立ちガード・しゃがみガードの使い分けが下手で、とりあえずしゃがみガードしとけば無敵、みたいに思っていたヘタレだった。
ジャンプ攻撃は立ちガードでないと防げないという事実に気付くには、しばらく時間を費やすこととなる。
一方的にボコられてたのは言うまでも無い。

sf2j0005.png 2~3発喰らうだけで気絶に追い込まれる。レバガチャで回復

このゲームで生まれたテクニックも数多く、キャンセル行動を絡めた連続技や、必殺技を利用した無敵の活用等をいかに実戦投入出来るかで勝敗が決まると言っても過言では無い。
中にはシステムの盲点を突いたハメ技もあったが、やり過ぎると本物の闘いに発展するので注意が必要とされた。
何でもホドホドがいいということをこれで学んだファイターも多かったことだろう。
筆者はヘタレだったので、ジャンプ攻撃→立ち攻撃→波動拳のコンボしか使えず、馬鹿の一つ覚えのように繰り出していたのが青春の思い出である。

sf2j0003.png sf2j0009.png ボーナスステージも健在

また、忘れてはならないのが四天王と呼ばれるバイソン・バルログ・サガット・ベガの4人。
CPU戦の最後に登場するこれらの猛者は、対人戦で使用出来ず、全国のプレイヤーから「サガット使えないの?」「ベガが使いたい」等といったラブコールが殺到。
これらの意見をカプコンが酌んだのか、後年にマイナーチェンジ版である「ストリートファイターII´(ダッシュ)」がリリースされ、プレイヤーの期待に応えた。

sf2j0010.png sf2j0011.png sf2j0012.png

そして、この作品を使用したゲーム大会が全国各地で開かれ、熱い闘いが繰り広げられることになる。
今でもその熱は冷めていないらしく、とあるゲーセンの一画では今日も熾烈な闘いが行われているという。
対戦格闘ブームの火付け役として、このゲームが果たした功績は大きい。

本シリーズは今でも続いているようだが、なぜだろうか、あの頃より遥かにゲーム性がパワーアップしているはずなのに、本作の方がいまだに面白いと感じるのが不思議だ。ハラショー!

sf2j0006.png sf2j0002.png 春麗の人気は凄かった

関連記事
スポンサーサイト
【 2010/01/24 (Sun) 】 対戦格闘 | TB(0) | CM(3)
歴史に刻まれるゲーム
知らない人と戦うこと、を教えてくれたゲームですね。
格闘ゲームというジャンルさえ確立させたのは偉大な功績です。今やっても十分楽しい。
あっぱれカプコン。
【 2010/01/27 】 [ 編集 ]
曲もよかった
よくプレイしましたが、
本当に幼かったので誰も何も考えずやってました。
最後の文章深いですね、わかります。
このゲームは新ソフトをしのぐ面白さがある。
【 2010/01/27 】 [ 編集 ]
やたら攻撃力があった
ペケペケさん、魚ゲンゴロウさん。こんにちは。
この作品を境に、似たゲームが星の数ほど誕生しました。
でも、ストIIの完成度が群を抜いていたのはさすがという感じでした。
時々やりたくなるゲームです。(つ・ω・ )
【 2010/01/27 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。