レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アフターバーナーII

Arcade_Astrocity.gifSega_Mark3.gifMD.gifFc_2.gifPce_02.gifSs1.gifDC3.gifPs2_03.gif
■分類:シューティング
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:サンソフト
■発売:1989年
0030 アフターバーナー 200910271847571 Fc_Robot_1.gif 難しいこと考えずにぶっ放せ!そして避けろ!!

実はSEGA MarkIII版の方が好きだったりする・・・。

ゲーセンの一画に置かれた一際目立つ筐体。
戦闘機のコックピットのようなシートに操縦桿、あの伝説のゲーム、アフターバーナーの登場である。

1987年にセガからリリースされたこのゲームは、戦闘機の動きに合わせてシートも動くという体感型ゲームで、当時はやたら格好良く見えたものである。
というのも、抜群のスピード感に迫力あるBGMも相まって、さしもの気分は映画「トップガン」のトム・クルーズといったところか。トップガンが放映されたのは前年の1986年で、BGM等の雰囲気が似ているあたり、恐らくこの映画をリスペクトしているものと思われる。(多分)

0030 アフターバーナー 200812062232183 空中での給油シーンもある。ホッと一息つく瞬間

そして、セガ版が出た2年後にサン電子がファミコンに移植。
最初、サン電子と聞いて正直不安(失礼!)だったが、フタを開けてみればなかなか良いデキだった。
「FIRE!」や「GET READY」等の声もちゃんと出るし、アフターバーナーもロール飛行もしっかりと出来る。
BGMもオリジナルまではいかないにしても、かなり頑張っている感が伝わってくる。
やるなサン電子、と思った。

0030 アフターバーナー 200812062230538 かなり頑張っているグラフィック

しかしながら、やはりファミコンということでグラフィックはキビしい上、ドット絵で表現された擬似3Dなので敵ミサイルとの距離感が掴みにくく、避けたつもりでもいつの間にか死んでたりします。この辺は割り切って遊ぼう。

0030 アフターバーナー 200812062233229 墜落シーンもちゃんと再現されている。見事としか言いようがない

関連記事
スポンサーサイト
【 2008/01/29 (Tue) 】 シューティング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。