レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【ゆっくり更新中】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星をみるひと

Fc_2.gif
【種 類】RPG
【ハード】ファミリーコンピュータ
【発売元】ホット・ビィ
【発売日】1987年10月27日

0867 星をみるひと 200912262345215 Fc_Robot_1.gif 精神修行の最上級アイテム、遂に登場!

生半可な気持ちじゃ攻略不可、一見さんお断りRPG。やる時は気合を入れて挑もう。

伝説の迷作RPG「星をみるひと」の登場である。
ゲーム開拓時代、完成度の低さからユーザーに優しくないゲームが世に溢れる中、当作品が放つダメゲー臭は別格であり、もし迷作RPGランキングがあったら間違い無く上位にランク付けされるであろうゲームである。
ホット・ビィがお届けする興奮とイライラに満ちた冒険の世界を、暇があれば堪能してみてはいかがだろうか。

0867 星をみるひと 200912261139052 0867 星をみるひと 200912261139372 レベルゼロで始まる稀有なゲーム

世界観はSF風で、主人公みなみをはじめ、サイキックと呼ばれる超能力者達が敵と戦うゲームだが、スタートボタンを押した瞬間、いきなりフィールドに放り出されてゲームが始まる。
説明書を読まないとどういうゲームなのかさっぱり分からないが、とりあえずフィールドを歩いて敵を倒していき、レベルを上げながら先に進むというお馴染みの流れになる。
このゲームをレビューするに当たっては、必ず触れなければならない幾つかのステキポイント(笑)があるのでご紹介しましょう。
沢山あるので、分かりやすく章仕立てで構成してみたいと思います。


1章 ゲームスピード

恐らく大半のプレイヤーが最初に感じるのは「足の遅さ」だろう。
更にそれだけでは無く、メッセージスピードも遅い上に変更が出来ず、あまりスムーズでない画面スクロールのお陰で、歩いてると少しカクついて、時々意味も無く止まるというお粗末さ。
このゲームの後にドラクエをやると、かなり速く感じる程だ。
物凄くスローテンポなので、せっかちな人はまず無理。
最初の2~3分でコントローラを投げるどころかカートリッジを破壊しかねない程の衝動が走る。

0867 星をみるひと 200912262351162 あまりにも遅い足にキレるだろうが、ひたすら我慢!


2章 戦闘バランス

本当に勝てるのか疑わしくなる程、序盤から敵が強い。
ゲームスタート時、主人公は丸腰・無一文・レベルゼロの無い無い尽くしで、その状態から這い上がるのは困難を極める。戦闘で死ぬと復活ポイントからやり直しでは無く、タイトル画面に強制送還されるので、敵と2~3回戦ったらパスワードを控えることをお勧めする。大袈裟では無く、そうしないと先に進めない。
ボスクラスの強さを誇るザコが最初から登場し、序盤では「さらまんど」「ふっかつしゃ」辺りだと、出会った時点であの世に逝っている可能性が高い。

0867 星をみるひと 200912270006073 死んだら即終了。このゲームは甘くない

0867 星をみるひと 200912270014208 序盤の強敵「ふっかつしゃ」。多彩なESPで大苦戦


3章 手強いシステム

手強いのは、何も敵だけとは限らない。
なんと戦闘時のコマンドは一度選ぶとキャンセル不可で、コマンドミスが命取りになることも珍しくない。
しかも、なぜかコマンドの最上段は「ESP」(魔法)で、「たたかう」は2段目なので間違えやすい。
更に驚くべきは、「逃げる」というコマンドが存在しない。
敵を倒すか、自分が死ぬかしないと戦闘が終わらないのである。(中盤からは逃亡用ESPで逃げられる)
前述のとおり死んだらゲーム終了なので、敵とエンカウントした時点で棺桶に片足突っ込んでるものと考えよう。
殺るか殺られるか、アクションゲームに匹敵する緊張感が得られるぞ。

0867 星をみるひと 200912262353183 逃走するという選択肢は無い。ある意味男らしい


4章 不思議な画面表示

文章が殆どひらがなで読みにくい、というのはこの頃のゲームによく見られるが、本作はそういうレベルでは無い。戦闘シーンでは味方の体力値が表示されるのだが、なぜか10の位までしか表示されず、正確な残り体力が分からないというヘンな仕様になっている。(例えば体力が48ある時、戦闘時は4と表示される)
別にステータスを開けば分かるのだが、戦闘中にわざわざステータスを確認するプレイヤーは皆無だろう。
ステータスと言えば、気になったのは「ヒット力」という表記。多分「ヒットポイント」と言いたかったのだろうが、普通に「HP」でよかったんじゃないの?と思ったのは筆者だけでは無いと思う。

0867 星をみるひと 200912262347360 ヒントもあまり無いので、メモを取るといい


5章 加減を知らない敵

敵が放つステータス異常が非常に強力で、特に「病気」状態にさせてくる敵がやっかい。
病気になったキャラは完全に身動き出来なくなり、死ぬまでサンドバッグと化す。
また、こちらの攻撃は1とか2とかショボイ割に、敵は平気で数十倍のダメージをお見舞いしてくる。
マゾには堪らない仕様だ。
苦労して買った割には、武器が大して強くないというダメポイントも後押しとなる。

0867 星をみるひと 200912262358092 0867 星をみるひと 200912262358234 病気に罹る=死と思っていい


6章 個性的なグラフィック

お世辞にも綺麗とは言い難い、強烈なグラフィックがプレイヤーを迎え撃つ(笑)。
辛うじて、木や壁が判別出来るレベルだ。
色使いは「ヘラクレスの栄光」クラスまではいかないまでも、目薬を用意した方が無難。
それ以上に驚いたのは、フィールド上の最初の町が見えないこと。
「住民がESPで町を見えないよう隠している」という設定なのだが、下手をすると、最初の町の存在に気付かずに進んでしまい、敵になぶり殺されて、「先に進めねえよ!!」とキレるプレイヤーが続出した。(かもしれない)

0867 星をみるひと 200912270021561 フィールドでは中に入れる場所がある。探せ!


他にも色々あるが、キリが無いのでこの辺で(笑)。
このゲームをプレイするには、類い稀なる忍耐力が要求される。
寺で座禅をするよりも、このゲームを攻略することの方がよっぽど強靭な精神力が得られるとマジで思う。
ストーリーは結構良く出来ているのだが、劣悪なシステム関係で損をしているきらいがある。
その辺が残念でならないが、一部では不思議な人気があるゲームだ。
このゲームのエンディングを見たことがある人は本当に尊敬します。筆者は無理です(笑)。

0867 星をみるひと 200912262356080 仲間が増えるまで辛抱出来るかがカギ

0867 星をみるひと 200912262346456 パスワードは入力し辛いタイプ。正確に書き留めること

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/12/27 (Sun) 】 RPG | TB(0) | CM(4)
おハロー!
こんにちは。
星をみるひとは設定や世界観は好きなんですが、
この難易度と理不尽さやどうにもできません・・・。
頑張ってあーくCITYまで進めたのですが、いきなり出てきた「くれおぱとら」に瞬殺されてそれっきりやってません(;^_^ A
個人的に一番気になったのが最初の街の音楽ですね。
これ、本当に街の音楽?!と思いました。
リメイク版が出てますが、これはかなり楽しかったです。
【 2009/12/27 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
こんにちは、すしまるさん。
よくあーくCITYまで頑張りましたね(笑)尊敬します。
有志によるリメイク作品があるとの噂ですが、機会があればやってみたいですね。
【 2009/12/27 】 [ 編集 ]
クリアしました
実はクリアしました。イルカエンドとシャチエンドがあって両方見ました。
大して変わらなった記憶があります。
途中からは4人目の仲間が本当にいるのか不安になりましたが、本当にいて感動しました。
このゲームなら実は4人目はいないってオチも十分ありえるので(笑)
ショップの商品に値段がついてなかったりと凄い仕様のゲームでしたが、戦闘でESPの威力調整できたり、キャラのグラフィックが成長したりと、もう少しやりやすく作れば名作になりえたソフトでした。
でも二度とクリアする気はありません(笑)
【 2017/11/13 】 [ 編集 ]
Re: クリアしました
もんさん江
コメントありがとうございます。しかもこのゲームをクリアされたとか!
脱帽です。(*´Д`) エンドパターン2つあるんですね。
このゲームでは通常ありえないことが普通ですからね……
二度とクリアする気になれないのは当然かもしれません…(笑)
でもシナリオが良く出来ていたり実は隠れた名作に成り得た作品だと思います。
それにしてもおみそれしました!
【 2017/11/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。