レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナルファンタジーXIII

Ps3_03_60gb.gifLogo_Xbox360.gif
■分類:RPG
■機種:プレイステーション3
■制作:スクウェア・エニックス
■発売:2009年
ff13-1.png Fc_Robot_1.gif ゲームというより映画に近い?

FF誕生から22年・・・・・。全世界が注目する中、「XIII」が遂に解禁!!

思えばここ数年、筆者は据え置き機のRPGを全くプレイしていない。
7月に「ドラゴンクエストIX」を遊んだが、これは場所を選ばない携帯ゲーム作品。
筆者の世代でRPGと言えば、やはりテレビに向かって遊ぶスタイルを指すのである。
まともにテレビに向かってガッツリRPGに取り掛かるというのは、この作品が本当に久し振りとなる。

ff13-5.png ff13-4.png
残念ながら画面写真はSD画像なので少々粗いです(本物の映像はゲロ綺麗)

そんな筆者がいきなり最新作「ファイナルファンタジーXIII」(以下、XIII)に挑むというのは少々刺激が強かったかもしれない。
ファミコン第一世代の筆者が予備知識も無しにXIIIを体験するのは、幼稚園児に日本酒を一気飲みさせる様なもので、画面に映し出される異次元の映像には、全くもって開いた口が塞がらない。下手なCG映画を凌駕する作り込みに「一体どんだけ金かけやがった!!」と逆ギレするくらいの美しさには改めて驚かされました。
そして、モニターの映像出力は可能な限りHDMIで行う事をお勧めします。

ff13-2.png ff13-3.png
OPの美しさに感動。ゲームはここまで進化したのか・・・・(筆者が遅れているのか?)

さて、このXIIIであるが、言わずと知れたFFシリーズの最新作で、PS3のマシンパワーとスクウェア・エニックスの技術によって、グラフィックの美しさは言わずもがな、作り込まれた世界観、心に残る音楽等、ゲームの「枠組み」部分を見ると、どうにも素晴らしいとしか言いようが無い。
ここまで来ると「綺麗で凄くて当たり前」みたいな感じだったので、批評する事自体意味が無いかもしれない。
なので、筆者としては「昔のユーザー視点」にこだわってシステマチックな部分に着目しレビューしてみたいと思う。

ff13-24.png 主人公ライトニング。性格は男前のお姐さんタイプ

物語は「コクーン」と呼ばれる世界の片隅から始まる。
導入部分から派手なアクションシーンでプレイヤーを引き込み、お得意の映画的手法で展開されていく。
この辺は予想通りだったが、一通りプレイしてみて思ったのは、とても丁寧に作られているゲームだな、というのが最初の感想だった。

世界観が独特で専門用語もバンバン出て来るものの、メニューの「オートクリップ」という項目で詳しい解説をいつでも確認出来る。
ストーリーが進行する、或いは新しい用語が出て来た時は、画面にサインが現れてオートクリップ更新の通知をしてくれるので、プレイヤーが置いてけぼりを喰わないよう配慮されている点は好印象。
説明書を読まなくても、ゲームの中身は全て「オートクリップ」で理解出来るようになっていた。
さすがにRPGを作り慣れているスクウェア・エニックスらしい仕事振りが伺える。

ff13-11.png ff13-12.png 解らない事があったらオートクリップを開こう。何でも教えてくれる

ff13-9.png ステータス画面は意外とシンプル。経過時間も分かる

導入部はチュートリアル形式になっており、操作の基本から戦闘システムまで、懇切丁寧に指導してくれるのも嬉しい(スキップする事も可能)。
筆者は慎重派なので、説明書を読破した上でやり始め、更にチュートリアルは全て受講、オートクリップも更新する度に確認しながらゲームを進行させていった結果、チュートリアルが終了する頃には5時間程が経過していた。導入部だけでもこれだけのボリュームなので、これからどんな冒険が繰り広げられるのかとても楽しみである。

ff13-18.png チュートリアルによる解説中は時間が止まる。ゆっくり焦らずに覚えていこう

ゲームの要、戦闘はATB(アクティブ・タイム・バトル)で、IVから始まったお馴染みのシステム。
時間経過でATBバーが溜まっていき、満タンになったキャラから行動を起こせるというアレだ。
ただ本作はそのATBが更に進化し、非常にスピード感溢れるものになっている。
時間の流れがあるのは従来と同じなのだが、ATBバーが複数に分割されており、バー1本分でいくつかのアクションが可能となっている。

更に、キャラ毎に「ロール」という戦闘スタイルがあり、それらを編成したものを「オプティマ」という。
説明が難しくて申し訳無いが、この辺もチュートリアルで詳しい解説が入るし、後からオートクリップでも確認出来るので安心。最初は複雑なイメージがあり少々戸惑ったが、やっている内に慣れてくると思う。

ff13-28.png 戦闘はシンボルエンカウント方式。敵に見つかるとビックリマークが出る

ff13-14.png ff13-20.png 本作のATBは展開が速く、操作も忙しいので最初は焦る

ここで少し気になったのは、誰がどの敵を狙っているのかが分かりにくかった点と、与えたダメージ・受けたダメージが分かり辛い点。
単に筆者がヘッポコなだけかもしれないが、特に受けたダメージはちゃんと見ておかないと、いつの間にか瀕死に追い込まれていたりするので、ノリに任せて調子に乗って戦っているとえらい目に遭う。
しかし、死んでも戦闘開始直後からやり直せるのは親切だった。

ff13-26.png ff13-27.png ボス戦は慎重にいかないと返り討ちに遭う。適当は厳禁

キャラクターの成長システムは独特で、メニューの「クリスタリウム」という項目で行う。
キャラクター毎にCP(クリスタルポイント)があり、それを消費して盤上のコマを進め成長させていくというシステムで、Xの「スフィア盤」に似た感じである。
従来の経験値を溜めてレベルを上げるタイプでは無いので、古いゲーマーは軽いカルチャーショックを喰らう。
筆者も「敵を倒しても経験値が出ないな~」と思ってしまったので、更に説明書を読んだりして何とか意識改革を行った次第です。

ff13-8.png オプティマは簡単に言うと、パーティー全体の作戦みたいなものと考えよう

ff13-10.png いちいち綺麗なクリスタリウムの画面。キャラにより盤の色や形が異なる

読み込み(ロード)に関しては、ほとんど気にならなかった。
多分バックグラウンドでやってんだろうな~って感じで、「待たされてる」という気がしなかったのは素直に良かった。
ドラゴンボール レイジングブラスト」で鬼のようなロードに慣れていたせいか(失礼!)、ストレスはほぼ皆無と言っていい。また、ムービーシーンから戦闘へと移行する時も非常に自然で、ほぼシームレス。
ゲームが中断する事はほとんど無く、かなり快適だった。
インストールしていないにも関わらずこのスピードなので、ここはスタッフの頑張りに拍手を送りたい。
(ちなみに、ハードディスクインストールには対応していない)

ff13-19.png ムービー中は、何とポーズが可能。トイレに行きたくなってもこれで安心

全体的に見ると良作の部類に入るのは間違い無いが、不安点を強いて挙げるとすれば、カメラワーク(視点操作)がある。
カメラの操作方法はコンフィグで4種類から選択可能で、リバース・ダイレクト両方に対応しているので、操作に関しては問題無いのだが、自キャラの移動とカメラ操作を同時に行う事になるので、画面がかなりグリグリと動く事になり、人によっては酔い易いかもしれない。
幸い筆者は昔「アフターバーナーII」で鍛えていたせいか、3D酔い耐性があるので平気だが、長時間プレイしていると目も疲れてくるのは確か。適度に休憩を取ろう!

ff13-21.png カメラ操作には慣れが必要。出来れば背景にも注目していきたいところ

ff13-13.png キャラをアップにしても全く粗が見えない。恐るべき作り込みである

ゲームはまだ全然序盤なので、現段階で全てのレビューは無理だが、先が気になる作りは相変わらずで、気が付けば、どっぷりとこのファンタジーな世界でファンタジーしちゃってた自分が居る事に気付いた。
時間を忘れてゲームに没頭したのっていつ以来だろうか。( ´∀`)
世間の評価は様々あるでしょうが、筆者は純粋に楽しめたという事を締めの言葉とし、引き続き冒険のワクワクを味わいたいと思う。

ff13-23.png ff13-25.png ff13-6.png

最後に、YouTubeで拾った公式トレーラーを掲載しておきます。
全国ニュースで流されてたヤツです。




関連記事
スポンサーサイト
【 2009/12/21 (Mon) 】 RPG | TB(0) | CM(4)
おハロー!
Bullcatさん、こんばんは。
そういえば自分もTVでRPGやったのってドラクエⅧかFFⅩ-2位が最後だったかも(笑)
なんか皆さん、今回のFF買われてるようなので凄くやりたくなりました・・・。
それにしても、ⅠとⅩⅢの同時紹介はなんか感動しました。
【 2009/12/21 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
こんにちは、インベ太さん。
FFはやっぱり楽しいですね。
XIIIは良質なDVD映画観ているような感じで凄いですよ。
いい時代になりましたね( ´―`)
【 2009/12/21 】 [ 編集 ]
1の22年後の作品
映像が本当にすごい。その後に他のゲームをすると特にそう思います。
オプティマ覚えた辺りから戦闘が忙しくなりますね。
まだ序盤?ですがゆっくりやっています。
【 2009/12/23 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
ペケペケさんもXIIIをプレイされているようですね。
自分もかなりスローペースでやってますが、とにかく映像が美しいの一言に尽きます。
戦闘は結構ゴチャゴチャしてて、何かよく知らない内に終わってたりしますね(笑)。仲間がAIで動くから尚更そう思います。
【 2009/12/25 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。