レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポートピア連続殺人事件

Fc_2.gif
■分類:アドベンチャー
■機種:ファミリーコンピュータ
■制作:エニックス(開発:チュンソフト)
■発売:1985年
0853 ポートピア連続殺人事件 200910271848226 Fc_Robot_1.gif アドベンチャーの先駆者的作品。事件の犯人を暴け!

初めてプレイしたアドベンチャーゲーム。ジャンプ放送局で特集されてました。

プレイヤーは刑事となり、部下のヤスと共に殺人事件の犯人を探すというもので、このゲームはもともとパソコン版からの移植。
ファミコン初期のゲームながら、ストーリー内容はかなり本格的で、しっかりした謎解きが楽しめる。
それというのも原作はあの堀井雄二氏である。

0853 ポートピア連続殺人事件 200812062217074 ヤスに色々と指示を出して捜査を進める

最近になってこのゲームを自分なりに調べたところ、登場する地名は実名であることがわかった。
ただ新開地や花隈町などと言われても、当時お子様だった筆者には縁もゆかりも無い場所なので訳も分からずやっていた覚えがある。そもそも平仮名表記なので尚更だった。

0853 ポートピア連続殺人事件 200812062219295 コマンド選択型アドベンチャーゲームの基礎を築いたゲームだ

話がある程度進行すると登場する地下迷路。
ここは怖かった。
BGMが全く無い上に、歩いてるといきなり「ジュワッ!」とか音がして背後に壁が降りやがるから、ここで軽く恐怖を感じた人は少なからずいたのではないだろうか。

また、この物語の犯人は○○だった、というオチは超有名なのでここでは伏せるが、無知な筆者は
「ま、まさかぁ!」と結構驚愕したものだ。
そのため、このゲームをやって以来、刑事もののテレビドラマを観ると真っ先に身内を疑うようになってしまったという個人的過去もあり、このゲームが与えた影響は計り知れないはずである。多分。

関連記事
スポンサーサイト
【 2008/01/27 (Sun) 】 アドベンチャー | TB(0) | CM(2)
No title
あっ、これもやりました♪
最後の最後が分からなくてo(;△;)o
結局、そこからリアルで2ヶ月位停滞してました。
実は答えが分かれば30分でクリア出来るゲームだったのが何も言えず切なかったです…
それから、記事とは関係ないんですけど…
FC2のカウンターが機能しなくてカウンターの設置を諦めていたのですが、こちらブログのカウンターを参考に何とか設置出来ました。
Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks
【 2009/09/29 】 [ 編集 ]
そうでしたか
こんにちは、◆kei◆さん。
カウンター設置出来て良かったですね( ´―`)
ポートピアはよく出来てたゲームですね。ビビりながら地下迷路歩いたのがいい思い出です。
【 2009/09/29 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。