レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イースI・II Ancient Ys Vanished

Pce_Cdrom.gifPs2_03.gifWii.gifPs3_03_60gb.gif
■分類:アクションRPG
■機種:PCエンジン CD-ROM2
■制作:ハドソン
■発売:1989年
(CD)Ys I  II (J) - 091115_1005 Fc_Robot_1.gif これのためにCD-ROM2買いました

日本ファルコムが贈る説明不要の傑作。移植はハドソンが担当した。

パソコン版で絶大な人気を得ていたアクションRPGのPCエンジン移植版で、CD-ROM2の普及に大きく貢献したゲームである。
当時のCD-ROM2はインターフェイスユニット+CDプレーヤーにソフトまで合わせると6~7万円程と非常に高価で、貧乏学生だった筆者には手も足も出ない高嶺の花的存在だったが、このゲームやりたさに何とか金を貯め、ようやく買えた時の嬉しさと感動は今でも覚えている。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1004 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1004_1 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1004_2 OPの一部

「イース」は現在でも続編が出続けている人気シリーズで、特にこのI・IIは今でもファンが多い。
当時のゲーム雑誌に小説が掲載されたり、オリジナルビデオアニメまで登場した。
名作アクションRPGとしての不動の地位を得ていた時代は確かに存在したのである。
そして、数々のゲーム機に移植されてきた中で、本作PCエンジン版の完成度は最強との呼び声が高い。
CD-ROM媒体による大容量を活かし、アニメーションや生音楽等が非常に素晴らしいセンセーショナルなゲームだった。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1006_1 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1007 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1007_1 初めて見た時は固まった

その完成度もさることながら、最もユーザーを驚かせたのは、「イース」と「イースII」がひとつのソフトに収録されていた点だろう。
当時では容量の問題もあり、複数ゲームのカップリングは珍しく、大いにユーザーを喜ばせた。
そして、ただ単に「イース」と「イースII」を個別に収録していたのでは無く、きちんとIからIIへと繋がる部分が美麗なアニメーションで表現されていたのが印象的だった。
本作はある意味CD-ROM2の今後の普及を左右する重責を背負ったゲーム(いわゆるキラータイトル)だったが、見事にその役目を果たしたハドソンスタッフの仕事振りには頭が下がる。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1014 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1009 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1023 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1031

CD-ROM2ゲームの最大の特徴は何と言っても大容量。
これまで表現出来なかったアニメーションによる演出や、生演奏のBGM、そして最も感動したのは、本物の人間の声が出る事だった。
今の若い人からは「ナニ当たり前のこと言ってんの?」とつっこまれそうだが、当時はゲーム画面から肉声が出て来るなんて考えられなかったのである。PCエンジンCD-ROM2は、世界初のCD-ROMを媒体にしたゲーム機として、今後も大容量を活かした名作ゲームが量産されていく事になる。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1006 出演する声優はやたら豪華。この頃のPCエンジンゲームの特徴

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1023_1 声が出る時は、キャラの顔がデカく表示される

主人公は赤毛の髪がトレードマークのアドル・クリスティン
呪われた地・エステリアを冒険する中、ミネアの街で占い師サラと出会う事から壮大な冒険が始まる。

ゲームの目的は世界中にある「イースの本」を6冊全て集め、悪の元凶・ダルク=ファクトを倒す事で、ここまでが「イース」にあたる。
そして「イースの本」の力で遥か天空に浮かぶ大陸まで飛翔し、そこからが「イースII」の舞台となる。
IIでは真の敵・ダームや魔道士ダレスが登場し、アドルが魔法を使えるようになる等、Iとは違う新たな要素が導入されている。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1027 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1045 ダームの塔から天空に向けて飛翔するアドル

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1046_2 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1044 真の黒幕が登場するシーン

ゲームの中身はオーソドックスで、経験値を稼いでレベルアップし、武器やアイテムを手に入れながら進めていく。特につまづくような問題点も無く、難易度もユルい。
美麗なグラフィックと、生音源で迫力あるBGMを堪能しながら先に進めるというプレイスタイルが吉。
※システムの詳細は、過去記事「イース」でもレビューしているので、そちらも参照。

(CD)Ys I  II (J) - 091115_1046 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1046_4 (CD)Ys I  II (J) - 091115_1047 リリア初登場シーン

ところで、日本ファルコム製ゲームは音楽がやたら良い事で知られているが、本作はCD-ROMによる生音楽という事で、クリアした後はCDプレーヤーで直接曲をかけて聴くという、殆どサントラ化していたものだ。
ゲームミュージックというジャンルが確立し、人気が出てきたのもこの頃で、とりわけイースシリーズは人気が高かった。生音楽なので曲が終わると読み込みが入り、一瞬静かになるのが欠点だが、そんな事はお構い無しに聴き入ってたものだ。

PCエンジン版とPSP版(Ysクロニクル)のIIオープニングを並べてみました。
同時に観ると面白いかも。


 

現在、日本ファルコムは自社製ゲームミュージックの使用をおおっぴらに認める「ファルコム音楽フリー宣言」という、少し変わった試みを行っている。
興味のある人はウェブサイトを覗いてみると面白いかもです。

ファルコム音楽フリー宣言(日本ファルコムHP)
http://www.falcom.co.jp/music_use/index.html

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/11/15 (Sun) 】 アクションRPG | TB(0) | CM(2)
おハロー!
懐かしい。
自分の人生を変えたゲームその2です。
このゲームに出会ったおかげでゲーム音楽に目覚めた部分もあります。
1→2への導入部分は今でも衝撃的だったのを覚えてます。
このゲームCD、どっかに売ってないかなぁ。
【 2010/10/27 】 [ 編集 ]
こんばんは
素晴らしく音楽の良いゲームでした。
ファルコムサウンドチームが奏でる音楽は名曲揃いですね!
【 2010/10/29 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。