レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KLAX

Arcade_Astrocity.gifPce_02.gifMD.gifFc_2.gif
■分類:パズル
■機種:PCエンジン
■制作:テンゲン
■発売:1990年
KLAX - 091026_2121 Fc_Robot_1.gif やめられなくなる面白さ!おすすめ

タイルを並べて消していく、PCエンジンの良作パズル。中毒性あります。

割と最近のゲームですが、今回はKLAX(クラックス)を紹介したいと思います。
(最近と言っても平成直後だが)
画面上方から運ばれてくるタイルをパドルで受け止め、任意の場所に落としていこう。
同じ色のタイルを3個以上並べれば消えるので、これを繰り返しながらクリア条件を目指す。
見事条件を満たせば次の面へと進める。

KLAX - 090919_1056 開始時に一言ヒントやテクニックを教えてくれる親切設計

基本は縦3個で、場所も取らないので最も簡単だが、その分スコアも50点と低くなっている。
次いで得点が高いのが横3個で、こちらは1000点。
そして最も高得点なのが斜め3個で、難度が高い分、スコアも5000点となっている。
これらの基本を踏まえ、各面のスタート時に提示されたクリア条件を満たしていく訳だ。
条件の内容は、「○○○点取れ」、「斜めに○回揃えろ」、「タイルを○○回受け止めろ」等と様々。

KLAX - 090919_1053 KLAX - 090919_1053_1 KLAX - 090919_1054 チュートリアル完備

パドルは一度に5個まで受け止める事が可能だが、それ以上は下に落としてしまう。
タイルを落とすと「うわー」という悲鳴が出て、何か悪い事したような気分になるぞ。
落とすとドロップメーターが満たされていき、MAXになるとゲームオーバーとなる。
下のエリアがタイルで満たされてしまってもアウトなので注意が必要。
この辺りはテトリスでお馴染みのシステムだ。

KLAX - 090919_1103 タイルで一杯になると死ぬ。残念そうな声が出るぞ

一応、パドルで受け止めているタイルは十字キーの上で上方に投げ返す事が可能。
どうしても凌ぎ切れない時や、狙った色のタイルを受け止めたい時に使おう。
ただし、投げ返すタイミングが悪いと、他のタイルと横一列に並んでしまったりして、受け止めが非常に困難になる場合がある。
また、十字キー下でタイルの流れを早められる事も覚えておこう。

消したタイルの上に積み上がっていたタイルは、空いたスペースの分だけ落下するので、連続でタイルを消す事も可能。いわゆる連鎖と呼ばれるテクニックで、狙うにはちゃんと計算してタイルを積んでいく必要がある。
ここはプレイヤーの頭脳の魅せ所だ。一度に大量に消すと、その分高得点をゲットできる。

そして、最大の腕の魅せ所は、「ビッグエックス」という技。
斜め3個を同時に4つ消すという、文字通り、大きなエックスの形になる事からそう呼ばれる。
凄い得点が入るだけでなく、かなり先の面までワープ出来るというご褒美付き。
是非とも一度は狙ってみたい。全ての色の役割を持つ「ワイルドタイル」を中央に持って来るのがコツ。

KLAX - 090919_1123 写真では分かりにくいが、ビッグエックスが完成した瞬間

BGMが無く、タイルが消える時のクリアな音だけ響き渡る静かなゲームだが、その独特の雰囲気も相まってか、やり出すと不思議にやめられなくなるスルメゲームだ。
「暇だな~」ていう時にやるのが吉!

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/09/19 (Sat) 】 パズル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 240 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去の記事
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。