レトロゲーム研究室 -Retro Game Laboratory-

【サイトリニューアルしました】管理人が昔遊んだレトロゲームを、独自の視点でレビューしています。(略称:レゲー研)

邪聖剣ネクロマンサー

Pce_02.gifWii.gifPs3_03_60gb.gif
■分類:RPG
■機種:PCエンジン
■制作:ハドソン
■発売:1988年
NECROMAN - 091026_2122 Fc_Robot_1.gif 夜中に一人でやらないで下さい・・・・・

PCエンジン初のRPG。目を見張るグラフィックに仰天した。

美麗なグラフィックに動きまくる敵キャラクター、豊富なBGM・効果音とファミコンでは味わえなかった感動がここにある。ザクとは違うのだよ、ザクとは!!と言わんばかりのPCエンジンパワーに圧倒されたものでした。

今でもコアなファンがいると噂のネクロマンサー。
全編を通じて漂う暗い雰囲気に、臓器を連想させる気色悪い敵キャラ等、割とホラー色を打ち出したゲームだった。当時のテレビCMで「夜中にやるな」と言っていたのが懐かしい。

ストーリー(原文のまま)

かつて、かみのせかいと、あくまのせかいがありました。
かみとあくまは、つねにたたかいつづけ、
そのいくさのほのおは、なんぜんねんものあいだ
きえることが、ありませんでした。
かみは、やがてあくまのように、
たたかうための、ぶきをつくりました。
それが、じゃせいけんネクロマンサー・・・。
ぶきをもったかみは、あくまとの、たたかいにしょうりをおさめ、
かみのせかいと、あくまのせかいをつくりました。
そして、じぶんたちのせかいを「てんかい」、
あくまのせかいを「まくうかい」となづけました。
そのあいだにあるのが、「ちじょうかい」。
いま、あなたがたがすんでいる、せかいです。



タイトル画面の気色悪い顔が淡々と語るストーリーはこんな感じ。
要するに、神々の戦いに人間が巻き込まれるという話である。
地上界「イシュメリア」を舞台に、ネクロマンサーを巡る戦いが始まる。

主人公は名も無き勇者。
ランダメリアの亡き王の願いにより召還されるところからスタート。
ランダメリアの執政官に会い、5人の精鋭の中から2人を仲間として選ぶのだが、
一度選ぶと二度と変更できないのでよく考えて選ぼう。

NECROMAN - 090630_1527 NECROMAN - 090630_1528 この後、運命の選択を迫られる主人公


ライム
魔術師。
攻撃魔法全般を使いこなす。格闘は苦手。

カオス
魔術師。
回復・防御・補助系魔法のスペシャリスト。足が遅い。

バロン
屈強な戦士。
魔法は全く使えず、攻撃力が非常に高い。足が遅い。

マイスト
格闘・魔法両方を得意とする万能戦士。
少し非力だが、足が非常に速い。

ロミナ
特徴が無い女性戦士。
最初はお荷物だが、終盤で急成長する大器晩成型。


どいつもこいつも個性が強く、選んだ仲間によってはその後の難易度に影響を与える。
一般的にバランスが良いとされているのは、ライム・カオス組らしいが、当時の筆者のパーティーはマイスト・ロミナ組だった。誰を選んでもクリアできるのでお好みで。

NECROMAN - 090630_1509 NECROMAN - 090630_1531 宿屋ではネクストEXPが聞ける

敵は総じて強めで、しかも不気味な風貌が多い。モンスターというよりクリーチャーという感じ。
倒すと血が吹き出るので、血に弱い人は心の準備が必要。
敵が強すぎて先に進めない場合は素直にレベル上げをしよう。ゴリ押しでは無理です。

NECROMAN - 090630_1510 NECROMAN - 090630_1531_1 気色悪いフォルムの敵キャラ。しかも強い

このゲームの戦闘システムはかなり個性的。
基本はドラクエタイプだが、素早さが高いと一人で複数回攻撃できるのが特徴。
特にマイストだと2~3回攻撃は当たり前で、低い攻撃力を手数で補える。
素早さは回避、逃げやすさにも影響を与える重要なパラメータなので、仲間を選ぶ際の判断基準の一つと言えるだろう。
他には、素早さが低いと攻撃が空振ってしまう事が多く、特にバロンだと中々当たらずに苦戦を強いられる事がある。

敵から逃げる場合、3人一緒に逃げるのではなく、一人ずつ個別に逃げるという仕様になっているので、素早いキャラが先に戦線離脱して、足が遅くて逃げ遅れたキャラが袋叩きに遭う、という事が割とよくある。
更に驚くべきは、あまりに敵との戦力差があり過ぎた場合だと、なんと恐れを成した仲間が勝手に逃げ出す事があるというダメポイントがある。
ボス戦等の大事な局面で逃げられると脱力必至なので、レベルはしっかりと上げておく事をオススメする。

魔法は自然に覚えるのではなく、店で買って入手する。
道具扱いなので、仲間同士で共有できるメリットがあり、MPが尽きたら仲間に魔法書を渡して使ってもらうという事も可能。
注意したいのは魔法を使う時、使いたい魔法を選ぶと、その魔法を使うか、渡すか、捨てるかの選択を迫られる点。
魔法を選んだ後は誰に使うか?という流れになるのが一般的なので、それに慣れてしまっていると誤って魔法書を捨ててしまう事がある。気を付けよう。

NECROMAN - 090630_1534 慣れてきた時が危ない。操作は丁寧に

ゲームを中断する時も油断してはいけない。
PCエンジン本体にはバックアップ機能が無く、ソフトもHu-cardというカード式でバッテリーバックアップも搭載していないので、セーブは当然パスワードしかないのだが、本作のパスワードは文字数が多い上に、ひらがな・カタカナ・アルファベットが混在するという手強い部類に入る。
その為、書き留めたパスワードの字が汚いと判別が難しくなり、最悪、再起不能に陥る事も有り得る。
お陰で字が綺麗になったとまではいかないにしても、書き取りの勉強にはなったのではないかと今でも思う。

敵が強めのバランスなのは先述したが、ゲーム終盤でネクロマンサーを手に入れれば鬼に金棒。
ザコが本当のザコと化す程の破壊力を秘め、攻撃力はなんと500もある。
最後の敵とその配下(四天王)との戦いではネクロマンサーが無いと全く歯が立たず、まともに戦えるのは主人公とバロンくらいになる。
本当に厳しい戦いになるが、最後まで諦めない気持ちが大事である。

NECROMAN - 090630_1505 NECROMAN - 090630_1519 終盤になると敵が鬼のように強い

エンディングを迎え、主人公はネクロマンサーを地中深く埋めて封印する。
しかし平和な世界を取り戻したのも束の間、何者かが何かを掘り起こす音が鳴り響くシーンでジ・エンドとなる。
いかにも続編を匂わせる演出に期待し、20数年待ち続けたが一向に続編が出ない本作。
いつか出ると夢見てここまで来たが、地道にハドソンに要望するしかないのか・・・・。

関連記事
スポンサーサイト
【 2009/06/30 (Tue) 】 RPG | TB(0) | CM(4)
ネクロマンサーは手がすべって 持ち物を捨ててしまっても、「さがす」コマンドを使えばまた発見できるのではなかったですかね?
【 2017/01/20 】 [ 編集 ]
こんにちは
ゲーム歴30年の廃人さん江

こんにちは!凄いネーミングですね( *´艸`)
そうですね、道具を捨ててしまっても、即座に「さがす」で回収できます。
うっかり捨ててしまっても慌てず「さがす」で無問題!
……でもその場から動いてしまうと二度と見つからなかった気が……((+_+))
【 2017/01/21 】 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2017/03/06 】 [ 編集 ]
Re: 携帯ゲームでは続編があります
こんにちは!WildCatです。
続編を待ち続けて数十年……まさかの携帯アプリで復活ですか!それは知らなかったですね。
しかもやっぱりというか、掘り返されてしまうんですね(´・ω・`)
調べてみようと思います。情報ありがとうございました!
【 2017/03/08 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WildCat

管理人 WildCat
ゲームと猫を愛する元ファミカー。
昔のゲームっていいですね。

総レビュー数
Fccb20.gif 現在 243 タイトル
カテゴリ別
アクセスカウンター
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
サイト内ランキング
ゲーム関連NEWS
参加中のブログランキング
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ